CATEGORY トーナメントプロ関連

新選手会長・石川遼(26)6季ぶりの日本ツアー開幕戦で早くも〝息切れ″。小平智(28)はマスターズの灯り見えた!

2位に5打差をつけて優勝、マスターズ覇者の貫禄をみせたセルヒオ・ガルシア(スペイン)=シンガポール・セントーサGC(提供:JGTO)

アジアツアーと共催の日本ツアー開幕戦「SMBCシンガポール・オープン」が、気温30度を超える酷暑のシンガポールで行われました。昨年のマスターズ覇者・セルヒオ・ガルシア(38=スペイン)を迎えて世界基準のセントーサGC(パ…

最年少選手会長に就任した26歳石川遼。秘かに狙う?前任・宮里優作の「会長で賞金王 」!!

26歳の石川遼が日本ゴルフツアーの最年少選手会長に選任されました。2年間会長職を務めた前任の宮里優作(37)は、昨季会長として初の賞金王となり話題を集めました。優作の続投も考えられましたが、今季は「海外の試合にも数出たい…

ゴルフは「見て楽しむスポーツ」になるのか

ゴルフもプロのすごいプレーを「見て楽しむだけで十分」なスポーツになってしまう危険性がある

日経電子版2017年12月7日配信 ゴルフの2017年国内男子、女子ツアーの全日程が終了した。獲得賞金で男子が宮里優作、女子は鈴木愛とそろって日本人選手がトップの座に着き、まずはひと安心。とはいえ、ファンの関心は米ツアー…

「現実は通用しなかったということ」―失意の石川遼、ついに米国撤退を決意!6年ぶりの国内ツアーへ

米ツアーに5年間参戦した石川遼(26)が、ついに来季から日本ツアーへの復帰を決意したようです。米国5年間では2位が2回あるのはせめてもの実績ですが、悲願の米ツアーでの優勝は手がとどかないまま。今季は年間ポイントランク17…

勝ちは勝ち!36ホール競技に短縮された BSオープンを制した時松隆光の″幸運児”ぶり!

超大型台風21号の接近で最終日を戦わずしてツアー2勝目を手中に入れた男がいます。プロ6年目の時松隆光(24)。ブリヂストン・オープン(千葉・袖ヶ浦CC)は初日、最終日と2日間が悪天候で競技中止となり、2日目にベストスコア…

ゴルフ界を揺るがす畑岡奈紗(18)のぶれないゴルフ!通算20アンダーで申ジエもチョン・インジ(韓)もチェ・ヘジン(韓)も・・・

18歳の畑岡奈紗が、どえらい快記録を打ち立てゴルフ界は騒然としています。アマチュアで史上初めて日本女子オープンを制した昨年に続き、プロに転向した今年、今度は日本女子オープン史上最少スコアの通算20アンダーで大会2年連続制…

第99回全米プロゴルフ選手権観戦記

今年の第99回全米プロゴルフ選手権は、ノースカロライナ州、シャーロットのアップタウンから10キロに位置するクエイル・ホロー・クラブで開催されました。1961年に開場したジョージ・コッブ設計のゴルフ場です。 毎年5月に開催…

珍しい5人POで魅せたシニアの「技」! 8年連続観衆2万人超「ファンケルクラシック」でのドラマ!

日本シニアツアー史上最多の5人によるプレーオフを3ホ―ル目に制した米山剛(52)が、カッコいいシニア初優勝を果たしました。「ファンケルクラシック」(静岡・裾野CC)。抜きつ抜かれつの大混戦の末は、通算7アンダーで米山のほ…

両親は中国人。日本生まれ、日本育ちの実力派・森田遥(21)が遂にカラを破った!

日本ツアー本格参戦2年目の森田遥(21)がやっと勝ちました。高校時代からその実力は折り紙つき。高卒後はプロ宣言するといきなり米下部ツアーを体験して1勝。 帰国した16年は最終予選会4位の資格で日本ツアーに参戦。1年目から…

韓国パワーさらに強し!全米女子OPを捨てて日本ツアーで勝ったキム・ヘリム(27)。日本ツアー、初参加初優勝の新鋭。

今季、セクシーゴルファーで人気のアン・シネ。韓国勢は多士済々だ。

韓国勢強し!日本ツアー初参戦のキム・ヘリム(27=金楷林)、2位に4打差つけて圧勝。サマンサタバサ・レディース(茨城・イーグルポイントGC)は、同じ週に全米女子オープンのメジャーがあり、日本からも賞金上位選手が参加。 キ…

世界最高峰・全米女子オープンの舞台を踏む川岸史果(22)森田遥(20)葭葉ルミ(24)ら20代パワー!日本地区予選でチャンスつかむ。

世界最高峰のメジャー、全米オープンゴルフ選手権に出場できる日本地区最終予選会が行われ、男女それぞれ4人が出場権を得ました。男女ともに36ホールストロークプレーのあと、男子が6人プレーオフ、女子は4人プレーオフという大激戦…

超ミニスカ、ノースリーブにボインちゃん。初登場の韓流セクシークイーン「アン・シネ」。日本女子ツアーに旋風を起こしたが・・!?

モデル顔負けのスタイルと美貌。超ミニスカートにノースリーブのウエア。韓国のセクシークイーン「アン・シネ」(Shin-Ae Ahn=安信愛)が日本初上陸。女子ツアーは連日1万人超のギャラリーが押しかける騒ぎになりました。国…

女子ゴルフ、ツアー人気支える広い裾野

日経電子版2017年5月11日配信 女子プロゴルフツアーの人気がかげりを見せない。5月第1週までのレギュラーツアー10試合の総入場者数は16万5693人で、昨年の同じ時点より1万3089人増えている。 中でも、5月4日か…

清元登子さんの殿堂入りに思う

3月24日のことなので、もう旧聞に属することと違和感をもたれる方もいるかもしれない。 おめでたいゴルフ殿堂入りの話なのにどうしても書くことを躊躇せざるをえなかった。第五回日本プロゴルフ殿堂入りの式典は、ジャパンゴルフフェ…

「新潟に舞衣子あり!」―最愛の伴侶を得た若林舞衣子(28)のミセス初V。長い苦節から幸運呼び込んだ大逆転劇!

もう名前も忘られる寸前でした。07年のプロテスト一発合格、08年には早々とツアー1勝目(SANKYOレディス)を挙げるなど、本格派プロとして脚光を浴びた若林舞衣子(28=新潟・開志学園高卒)。プロ2勝目を12年に挙げた後…

海外勢8連勝を止めた28歳・シルバーコレクター、菊地絵理香。遅咲き道産子のクソ度胸!

プロ10年目、28歳の道産子が、8試合続いていた海外勢の連続優勝を止めました。女子ツアー開幕3戦目、初日から首位を守って突っ走った菊地絵理香が、大会最多アンダータイの通算14アンダーまでスコアを伸ばした完全優勝。一昨年の…

川岸史果(22)に続いて藤崎莉歩(25)も!止まらない韓国パワーに初Vを阻まれる日本若手陣!8試合連続外国勢Vの女子ツアー。

女子ゴルフツアー、開幕第2戦も韓国パワーが炸裂です!全美貞(ジョン・ミ・ジョン、34)が、ツアー初Vを目指した藤崎莉歩(25)をプレーオフで下しました。開幕戦も、22歳の新鋭、川岸史果(ふみか)がプロ初Vの夢を、アン・ソ…