CATEGORY トーナメントプロ関連

賞金は誰のためにあるのか?

【この記事は2020-2-07に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 前回の記事で私は、「見せるゴルフ」として、観客に喜んで貰えるような運営に変えてほしい。という意見を述べさせて貰った。 というのも、1990…

安田祐香選手が住友ゴム工業株式会社と用品契約

住友ゴム工業株式会社は2月5日、東京都内で、安田祐香選手とのゴルフ用品使用契約に関する記者発表会を行った。 今回の契約で安田選手はスリクソンブランドをはじめとする住友ゴム工業株式会社のクラブ、ボール、キャディバッグ、ヘッ…

ブルックス・ケプカのスイングとチェックポイント

2019年の全米プロでメジャー4勝目をあげたブルックス・ケプカ(29歳)。 メジャー出場8試合で驚異の5割勝率となります。フロリダ州立大学を卒業後は海を渡り、欧州の下部ツアーで腕を磨きました。2014年の「トルコ航空オー…

JGTO改革は待ったなし!

昨年12月24日に2020男子ツアー日程が発表されました。 ツアー25競技、アベマツアー12競技で、ツアー競技は昨年と比較して、平和(賞金総額2億円)とZOZO(賞金総額10.5億円)がなくなり、ゴルフパートナープロアマ…

石川遼プロと他選手のフォロースルーの比較

「今の石川遼はどうなってるの?」という質問が多くのゴルファーから聞かれます。 2007年5月、高校1年生になったばかりの15歳で初めて出場したプロトーナメント「マンシングウェアKSBカップ」で優勝しました。「ハニカミ王子…

男子プロ競技開催コース

【この記事は2020-1-08に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 昨年のデータを見ますと、明らかな男女の逆転現象が出ています。 TV視聴率では 男子平均4.7%<最高8.8%> 女子平均6.4%<最高13…

”もう一人”のスマイルちゃん、ミレニアム世代 古江彩佳(19)登場!アマチュア優勝で即プロ転向、ほろ苦デビューが良薬!?

女子ゴルフツアー「富士通レディース」で史上7人目のアマチュア優勝を達成した19歳の古江彩佳が、即プロ転向、「樋口久子・三菱電機レディス」(埼玉・武蔵丘GC)でほろ苦いプロデビューをしました。富士通優勝後、ただちに日本女子…

フィーバーする女子ゴルフツアー

【この記事は2019-10-15に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 チェリーヒルズで開催された日本女子プロに3.5万人の観衆、白山で開催された日本女子オープンに4.6万人の観衆が集まりました。それぞれに関…

FedEx Cupの大改革

【この記事は2019-8-25に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 米国ツアー最終戦「TOUR Championship」」が開催されている。 ゴルフはスーパーボール、メジャーのワールドシリーズ、バスケット…

ツアーサポートの舞台裏を見る~VOL.78 使用クラブに異変あり!! 何故クラブ契約フリーのプロが増えるのか?

■6月4日(火)ヨネックスレディスゴルフトーナメント(新潟県、ヨネックスCC) 今回はクラブ契約フリーのツアープロが使用するクラブの選び方と、その傾向と変化についてです。 クラブ開発の進化がクラブ契約フリーの選手を増やし…

”パットの名手”は生きていた!日高のスネークラインを征服した51歳・谷口徹。青木功、中嶋常幸と肩を並べた3人目男。

大勢のギャラリーを集めた日高CC 51歳の谷口徹が日本シニアオープンを初日から首位を譲らない完全優勝で制覇しました。昨年の日本シニアOPでシニアデビュー(2位)して以来、シニア3試合目での初優勝。 レギュラーツアーの日本…

「ゴルフパートナー」が男子ツアーに参入!女子ゴルフ人気に一矢を報いるか。2020から新規プロ・アマトーナメント!

男子ゴルフツアーに来季から新規大会が加わります。ゴルフ用品販売の「ゴルフパートナー」と日本ゴルフツアー機構(JGTO)共催の「ゴルフパートナーPRO-AMトーナメント」が、20年7月8~12日、茨城・取手国際GC東西コー…

「私のアイアンショットを見て!」ー10年間1日も休まなかった″練習の虫〝20歳稲見萌寧(もね)、魅惑のゴルフ!

女子ゴルフ界を席巻する黄金世代から、さらに若いプラチナ世代が大暴れです。19歳最後の日に見事にツアー初優勝を呼び込んだのは、東京出身の稲見萌寧(もね)。 昨年夏にプロテスト合格した21人のルーキーで、は5人目のツアー優勝…

今年もやってくる「ファンケル クラシック」(静岡・裾野CC)!シニアツアー屈指の大ギャラリーを集める大会。今年は?

″シニアの元気が日本の元気!〝でおなじみのシニアツアー「ファンケル クラシック」は、今年も8月23日から3日間、静岡・裾野CCで開催されると発表されました。 19回目を迎える老舗のシニアツアー「ファンケル」ですが、今年は…

「シニア黄金時代」を支える1人2役会長。 ″鬼より怖い〝マークセンを自ら止めた倉本昌弘(63)

シニア選手を兼務する日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘(63)が、谷口徹(51)とのプレーオフを1ホール目のバーディーで制し、逆転優勝を果たしました。2014年にPGA会長に就任してから兼務で5勝目。シニアでは16年11月…

8000ヤード超のモンスターコースを征服した池田勇太(33)が強い!永久シードへ″あと4勝″!

池田勇太、ミズノOPで今季初、通算21勝目の優勝カップ(茨城ザ・ロイヤルGC)=提供:JGTO

ゴルフ界の″若大将〝池田勇太(33)がツアーきってのモンスターコース、全長8000ヤード超の茨城ザ・ロイヤルGCを征服、プロ通算21勝目を挙げました。 「ミズノオープン」3日目、66を出してトップに立ち、最終日は飛ばし屋…

肝臓ガンを克服して日本4勝目を挙げたイ・ミニョン(27)。日本7勝・韓国4勝 。日韓対決に今年も火がついた!

安定したショットで他を圧倒したイ・ミニョン。

開幕戦から日本人連続優勝を「5」に伸ばし女子ツアー14年ぶりの”快挙”としていた日本勢。しかし、意地の反撃をみせる韓国勢が以後6戦で4勝。ほけんの窓口レディス(福岡・福岡CC和白)ではイ・ミニョン…