シェーン・ローリーのスイングとチェックポイント

68年ぶりに北アイルランドに戻ってきた2019年の全英オープンでメジャー初優勝を飾ったアイルランド出身のシェーン・ローリー(32歳)。アマチュアとして出場した2009年の「アイリッシュ・オープン」で欧州ツアー3人目のアマチュア優勝を果たし、翌週プロ転向。鳴り物入りだったが、その後は芽が出ず、12年の「ポルトガルマスターズ」でようやく2勝目。

15年の「WGC-ブリヂストン招待」でビッグタイトルを獲得した後も未勝利期間が続いていましたが、今年の「アブダビHSBC選手権」で4年ぶりのツアー4勝目を挙げて復活を遂げます。「全英オープン優勝は子供のころからの夢だった。」だが、挑んでも挑んでも優勝どころか予選すら通らず、4年連続予選落ちとなった昨年大会では「僕はカーヌスティの駐車場に座り込んで泣いた」とのこと。「ゴルフは僕の友達ではなかった」それでも「ビターな結末に立ち向かわなければいけない」という思いにさせてくれたのは、家族、コーチ、キャディーの存在でした。

シェーン・ローリーのゴルフスイングは、下半身を躍動的に使っているのが特徴です。アドレスでは、両膝をリラックスさせた内股にして自由に動ける構えをしています(青丸)。

トップオブスイングでは、左手甲側が正面を向き、クラブフェース面も正面を向いているオープンな位置を取っています(緑丸)。

トップからダウンスイングでは、手首のコックを鋭角に上からダウンブローにタメを作った状態でいます(緑線)。

手元が体に近いハンドファーストでインパクトを見ると安定度の高いショットが納得できます(紫丸)。

フィニッシュではシャフトが地面と平行になりオープンフェース&フェードヒッターがわかります(赤丸)。

もともとショートゲームに定評のあるショーン・ローリーが、今回のメジャー制覇をきっかけに躍進することでしょう。

日本プロゴルフ協会・A級ティーチングプロ
大東 将啓(オオヒガシ マサヒロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属