渋野日向子のスイングとチェックポイント

2019年の全英女子オープンで海外での初試合にもかかわらず、優勝を成し遂げた渋野日向子プロ。樋口久子さん以来の42年ぶりの日本人メジャーチャンピオンという偉業を達成して一躍ヒロインになりました。

昨年にプロテストに合格し、今季から本格的に国内ツアーにデビューしたばかりの20歳。メジャー優勝をつかみ取ったその攻撃的なプレースタイルはもちろんのこと、つねに笑顔でラウンドする姿は、現地メディアから「スマイリング・シンデレラ」と呼ばれました。国内でもすでに3勝をあげ、獲得賞金額が1億円を突破しました。(10月20日現在)。

渋野プロのゴルフスイングの特徴は、躊躇なく思いっきりの良い振り抜きです。フィニッシュでの緑丸にみられるようにシャフトがターゲットを向くまで一気に振りぬいています。それは、アドレスに入る前からの一連のルーティーンにも現れています。スピーディなプレースタイルは、思想を単純化して疑念を持たない証拠と言っても良いでしょう。

ワイドスタンスでどっしりとしたアドレスでは、頭を右サイドに置いて右足体重で構えています(青丸と青線)。両腕を伸ばした状態をキープしたままテークバックをすることで上半身の回転を促しています(紫丸)。

トップオブスイングでは、背中が見えるほど左肩が深く回転しているのがわかります(赤丸)。ダウンスイングでは、腕とシャフトの角度が鋭角な深いコックがキープされています(緑線)。そしてグリップの位置が左足前のハンドファーストの状態でインパクトを迎えています(黄丸)。

これは頭の位置が右サイドの「ヘッド・ビハインザ・ボール」の状態だから成しえる技です。ダスティン・ジョンソンやキャメロン・チャンプをはじめ世界のトッププロの共通点ですが、女子プロでははドライバーショットでこれほどのハンドファーストは珍しいところです。

渋野選手のスイングは真似することが出来なくても、①笑顔を絶やさないプレー②思想を単純化してスピーディーなプレー③最後まで躊躇なく振り抜くことを心がけることで、ゴルフの女神は間違いなく微笑むでしょう。

日本プロゴルフ協会・A級ティーチングプロ
大東 将啓(オオヒガシ マサヒロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属