タイガー・ウッズのスイングとチェックポイント

オーストラリアのロイヤルメルボルンゴルフクラブで開催された2019年ライダーカップ。米国チームと世界選抜チームの対抗戦として2年に一度、選ばれた精鋭24人が対峙します。

今回の世界選抜のキャプテン、アーニーエルスに対して米国チームのキャプテンは、タイガー・ウッズ。史上最少年(43歳)のキャプテンでありながら、自らも選手として3日間を戦いました。

3戦全勝を挙げるポイントゲッターとなり、米国チームの勝利に大きく貢献しました。オーストラリアは本来、米国にとってアウェイでありながら、タイガーだけは別格で、至る所で歓声が沸き上がっていました。

二日目には、ジャスティン・トーマスとペアーを組み、松山英樹アン・ビョンホンとフォーサムで対戦します。マッチイーブンで来た18番ホールで、勝負を決める3メートルのバーディーパットをジャスティン・トーマスが決めました。歓喜に酔いしれ涙するタイガーの姿は、通常のトーナメントでは見ることが出来ない表情でした。

今回のタイガーは、ショットの安定度が光りました。ロイヤルメルボルンの硬いグリーンに対して、抜群の距離感とスピンコントロールの効いたアイアンショットで多くのバーディーチャンスを生んでいました。

上半身と一体でテークバックをして捻転を生んでいます(紫丸)。右肩の上に位置する基本に忠実なスクエアーグリップのトップオブスイングは、見事です(緑丸)。胸の開きを抑え、グリップだけを垂直落下しているダウンスイング(赤丸)は、アマチュアゴルファーの手本となります。

インパクト直前までグリップが、右足太もも前に近い位置を通過しています(青丸)。左肩からクラブヘッドまで一直線のインパクトは、「ファー&シュアー」の為の必須条件です(緑線)。フォロースルーでのクラブフェースの向きがスクエアなのも見逃せません(黄丸)。フィニッシュに近いフォローまで右手を伸ばしているのは、手先で調整することなくターゲットに対してのピンポイントのコントロールが生まれるゆえんでしょう(青線)。

熟年期を迎え復活したタイガーの活躍がますます楽しみです。

日本プロゴルフ協会・A級ティーチングプロ
大東 将啓(オオヒガシ マサヒロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属