ブルックス・ケプカのスイングとチェックポイント

2019年の全米プロでメジャー4勝目をあげたブルックス・ケプカ(29歳)。

メジャー出場8試合で驚異の5割勝率となります。フロリダ州立大学を卒業後は海を渡り、欧州の下部ツアーで腕を磨きました。2014年の「トルコ航空オープン」で欧州ツアー初優勝。同年からは米ツアーにも積極的に参戦し、15年の「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」でツアー初勝利を果たします。

17年の「全米オープン」でメジャー初制覇、18年には史上7人目となる全米オープン連覇を達成しました。 日本ツアーでも16年、17年と「ダンロップフェニックス」で連覇を飾るなど、日本のゴルフファンにも知られた存在となっています。平均300ヤードを超える飛距離が最大の武器。

今年のベスページで開催された全米プロでは、あまりの強さから辛辣なヤジをニューヨーカーからの投げかけられました。ロープ内を一緒に歩いていると、大きな声でギャラリー達が「D・J! D・J!」ケプカに叫びます。そこに居ないダスティン・ジョンソンを応援する声を、ケプカに対してのヤジとして飛んでいました。

11番から4連続ボギーを打ち、2位のダスティン・ジョンソンに1打差に詰め寄られました。「ヤジを糧に15番から冷静になることができた」と言っているように、土壇場でのメンタル面での強さが光りました。

ケプカのスイングの特徴は、広めのスタンスから上半身を中心にアップライトな軌道のゴルフスイングです。

ドライバーでもアイアン同様にハンドファーストのインパクトをしています。パワーがあるからこその、飛んで曲がらない、D・Jやジョンラームなどに見られる時流のスイングと言えます。

タフなセッティングになるほど実力を発揮するのも頷けます。今後も「メジャー男」から目が離せまん。

日本プロゴルフ協会・A級ティーチングプロ
大東 将啓(オオヒガシ マサヒロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属