賞金は誰のためにあるのか?

【この記事は2020-2-07に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】

前回の記事で私は、「見せるゴルフ」として、観客に喜んで貰えるような運営に変えてほしい。という意見を述べさせて貰った。

というのも、1990年ゴルフ界のバブルが崩壊して30年、当時と現在をデータでみると、ほとんどのデータが当時の60%に大きく落ちこんでいるからである。

2020年男子ツアーは25競技、賞金総額32.6億円と発表されたが、バブル最高潮の1990年は44競技、賞金総額32.9億円だった。

競技数はー19と大きく落ち込んでいだが、1競技平均でみると、1990年の1試合平均賞金額は約7500万円。30年後の2020年は平均賞金額が約1.3億円。

不況のゴルフ業界の中で競技数は減少したが、賞金は増加しているから、すべての競技に参加できるシード選手にとっては都合の良い状況だ。

しかし、シード権のない、これからの若いスター候補のプロにとって、競技数が少なく、競技経験を積めないことは致命的だ。シード権のないプロが出場したいアベマツアーも3競技減少しているから、次世代のプロを育てる環境は劣化した。

これではフレッシュな若いスターは出てきにくい。

この状態を改善するためには視聴者が楽しめる競技を増やすしかない。

視聴者がゴルフを見放したら「見せるゴルフ」は終わりになる。

大会数やその賞金が減少しても困るのはプロだけなのだから、トーナメントプロ自身が意識改革して、ファン目線で考えることだ。

1957年カナダカップ優勝して、ゴルフブームのきっかけを作った大功労者の中村寅吉氏も大きな賞金を手にしたことはないし、1969年杉本英世が日本オープンで優勝した時の賞金は50万円だった。

過去の功労者と比べ、現在のトーナメントプロがいかに恵まれているか?

プロゴルファーは強ければ、「大きな賞金を貰えて当然」と、考えているかもしれないが、「ファンから賞金を頂いている」と、いう感覚が薄いのではないか?

今こそ、トーナメントプロが一丸となって、ファンサービスを考え、大会数やその賞金が減少しないように行動する時である。

視聴者が楽しめない競技であれば、いずれ滅んでいく。。。

現状のままであれば、競技数も賞金総額も減少していくだろう。

今、ツアー機構の経営、運営に批判が強いが、トーナメントプロの意識改革ができない限り、ファンから見放され、さらに競技や賞金が減少することになる。

大相撲、プロ野球、サッカーその他多くの「見せるスポーツ」がファン目線になり、いかに楽しんで貰えるかを考えている時男子ゴルフがその一角に残れるかどうかの、瀬戸際にあると強く感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大西久光

1937年2月10日、兵庫県西宮市生まれ
1995年 関西学院大学商学部に入学。大学時代ゴルフ部キャプテンとして関西リーグ戦に優勝。
1959年 関西学院大学を卒業し㈱日本ダンロップ(現:住友ゴム工業㈱)に入社。
ゴルフボールの販売推進を第一歩に、ゴルフ用品の商品開発に従事するなど、ゴルフビジネス一途に専従する。
1973年 ㈱ダンロップスポーツエンタープライズの創設と同時にゼネラルマネージャーとして出向。
1975年 同社取締役就任、1982年 同社常務取締役就任。
1986年 住友ゴム工業㈱及び㈱日本ダンロップに帰属し、スポーツ用品副事業部長。1988年 取締役
スポーツ事業部長。1991年住友ゴム工業㈱常務取締役に就任。
1994年 ㈱ダンロップ スポーツ エンタープライズ代表取締役副社長。
1998年 同社代表取締役社長に就任。
住友ゴム工業およびダンロップスポーツエンタープライズ在籍中、トーナメントディレクターとして約300のプロゴルフトーナメント、テレビマッチやゴルフレッスン番組など約600本を企画運営する。1973年よりテレビ解説を始め、約350本のTVマッチ及びダンロップ
フェニックストーナメントなど約150本以上のトーナメント解説を行う。
ゴルフトーナメント、ゴルフイベントのプロデュースを行う事で、ゴルフコース設計の重要性を認識し、ゴルフ場設計にも関わる。
1999年 住友ゴム工業㈱および㈱ダンロップスポーツエンタープライズを退職退任
㈱ターゲットパートナーを設立し、代表取締役に就任、現在に至る。
現在の主な役職
公益社団法人 ゴルフ緑化促進会 理事長(2007年 就任)
日本ゴルフ関連団体協議会 常任理事(2007年 就任)
NPO法人 日本芝草研究開発機構 副理事長(2008年 就任)
㈱サイプレスクラブ 代表取締役社長(2003年 就任)
南部富士㈱ 取締役(2002年 就任)
ゴールドウイン開発㈱ 顧問(2006年 就任)
ゴールデンバレーゴルフ倶楽部 評議員、理事、キャプテン(2008年 就任)
千刈カンツリー倶楽部 アドバイザー(2014年 就任)
サンコー72カントリークラブ 顧問 (2014年 就任)
魚津国際カントリークラブ 顧問 (2015年 就任)
メモリアルトーナメント・キャプテンズクラブ(USA) メンバー(1985年 就任)
主な著書
Golf World & Nippon(2009年5月)
温故知新(2006年6月)
ゴルフ雑記帖(2000年10月)
青木功の諦めないで自分を変えろ(1998年3月)
ゴルフボール-その飛びの秘密(1986年12月)