石川遼プロと他選手のフォロースルーの比較

「今の石川遼はどうなってるの?」という質問が多くのゴルファーから聞かれます。

2007年5月、高校1年生になったばかりの15歳で初めて出場したプロトーナメント「マンシングウェアKSBカップ」で優勝しました。「ハニカミ王子」は社会現象にもなりました。

翌08年1月、高校在学中ながら16歳でプロ転向を宣言。11月の「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロ初優勝を飾り、初年度で賞金ランキング5位に入りました。09年には年間4勝を挙げて史上最年少賞金王に輝きました。鮮烈デビューをしてからまさに順風満帆でした。

しかし13年から米ツアーを主戦場とし、ドライバーの更なる飛距離を追求しだしたのです。今期、米ツアーのシード権を失い、日本復帰の試合でも5試合連続予選落ちとなりました。

プレーンビュー(後方)からフォロースルーでの両手の向きに注目しみてください。石川遼のフォローでは、右手甲が見えています(赤丸)。

これは、飛距離を求めてフォーアームローテーションを大きく使った結果なのです。すなわちドアスイングとなり、インパクトでスクエアなフェースをキープすることが難しくなります。

松山英樹プロのフォローで左手甲が見えているのと大きな違いです(緑丸)。フェアウエイキープ率が53%の石川と、73%の松山の20%の数字の差が出ているのは、このことが原因でしょう。

同様に、小平智、ブルックス・ケプカ、ダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス、セルジオ・ガルシアのフォロースルーに注目しても誰一人として左手甲が見えていません(青丸)。

あえて言えば、トーマスがフォローで、右手甲の半分が見えている程度です(黄丸)。石川プロは、今までティーチングプロを付けず、父と二人三脚で取り組んで来ました。今後は、専門のティーチングプロと契約をし、更なるステップアップをしてもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属