ゲーリー・ウッドランドのスイングとチェックポイント

2019年、ぺブルビーチでの全米オープンでメジャー初優勝を果たしたゲイリー・ウッドランド(35歳)。185センチ、91キロの恵まれた体格を生かしたドライバーショットは圧巻。平均309ヤードと、PGAツアーでも屈指の飛ばし屋です。

2007年にプロ転向後、しばらくは下部ツアーでも結果を残せない時期が続いていましたが、2011年に大ブレーク。「ボブホープクラシック」では敗れたもののプレーオフに進出。2カ月後の「トランジションズ選手権」でツアー初勝利を飾りました。

大学時代は、バスケットボールの奨学生として進学するが、2年の時にカンザス大学に転向してバスケからゴルフに種目を変更した経歴を持ちます。

ウッドランドのアドレスは、両足をがに股にどっしりと構えています(青丸)。ハーフウェイバックまでは、両腕を伸ばしてスイングアークの大きなバックスイングを心がけているのがうかがえます(緑丸)。トップオブスイングは、シャフトが地面と平行よりもだいぶんと手前のコンパクトなものです(緑線)。

しかしトップからの切り替えしで急激にコックの為を作っています。すなわちグリップが腰の位置なのに、クラブシャフトが地面と垂直の位置をキープしているのです(青線)。そこからヘッドスピードを加速して、左手甲がターゲットサイドに先行するハンドファーストの位置でインパクトを迎えています(紫丸)。

フォロースルーまで腰を回転し続けた結果、左足つま先側が大きくターゲットサイドに向いているのがわかります(黄丸)。アーノルド・パーマーを彷彿させるフィニッシュは、フェースを返すのを抑えてボールの捕まり過ぎを防いでいでいる動作の現われです(赤丸)。

ウッドランドは、今までの課題であったショートゲームとパッティングへの取り組みを重視してきました。ぺブルビーチでの最終日終盤の17番、グリーン上の30ヤードを、ウエッジで見事に寄せてパーを拾ったところに凝縮されていたような気がします。ショートゲームに磨きがかかったウッドランドの今後の活躍が楽しみです。

日本プロゴルフ協会・A級ティーチングプロ
大東 将啓(オオヒガシ マサヒロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属