ローリー・マキロイのスイングとチェックポイント

2019年の米国男子ツアーの最終戦「ツアー選手権」で優勝し、フェデックスカップの年間王者に輝いたローリー・マキロイ(30歳)。1500万ドル(約16億円)のビッグボーナスが支給されました。2018年の「ツアー選手権」では、タイガー・ウッズの復活優勝の会添え人として、最終組をプレーしました。今年も最終組で、世界ランク1位のブルックス・ケプカとプレーし、堂々と渡り合い逆転優勝を果たしました。

今年7月、68年ぶりに北アイルランド・ロイヤルポートラッシュにて開催された 第148回全英オープン。地元の大声援を受けて1番ホールに立った(421ヤード・パー4)ローリー。しかしティーショットをいきなり左にOBし、打ち直したショットも左のラフへ打ち込みました。

そこからのセカンドショットがグリーン左のヘビーラフ。アンプレアブルをして6オン2パットのまさかの8となりました。二日目は、ベストスコアーをただき出すが、予選カットに1打及びません。11年の全米オープンで2位と8打差をつけてメジャー初優勝を飾ったローリーですが、2014年の全米プロのメジャー4勝目を最後に遠ざかっています。かたやケプカは、2017年の全米オープン優勝から毎年のメジャータイトルを奪取して4勝を挙げています。

178センチの身長のマキュロイがどうして183のケプカをもオーバードライブするのでしょうか。キーワードは、①張りのある両腕と②確りとしたコア。スイング中、両腕の張りが保たれていおり、大きなスイングアークを作りだしています。まずは両腕を伸ばして大きくテークバックしています(緑丸)。

テークバックの張りがあるからこそ、フォロースルーでの両腕の張りにつながるのでしょう(青丸&黄丸)。それらのスイングの中心となるのがコア(体幹)です。ダウンスイングで体の中心が確りしているからこそ上半身が浮き上がることなく、鋭い腰の回転が可能となります(赤丸)。

腹筋&背筋トレーニングは地味な運動ですが、皆さんにとっても効果は間違いないことでしょう。

日本プロゴルフ協会・A級ティーチングプロ
大東 将啓(オオヒガシ マサヒロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属