アリヤ・ジュタヌガーンのスイングとチェックポイント

2018年シーズンに世界ランク1位で賞金女王のアリア・ジュタヌガーン(23歳)。

2007年にアマチュアとして出場した米国女子ツアー「ホンダLPGAタイランド」で、11歳11カ月2日という史上最年少で予選を通過しました。

全米女子アマでも優勝するなど輝かしい戦績を残し、2013年1月にプロ転向を果たします。

16年にはシーズン5勝を挙げて、年間MVP、賞金女王に輝くなど大ブレークを遂げました。世界屈指の飛ばし屋としても有名で、基本的にドライバーを打たず3Wとロングアイアンでティーショットを行うのが特徴。姉のモリヤとともに、タイの女子ゴルフ界を背負って立つ存在です。

順風満帆に見える輝かし戦歴ですが、そのきっかけは、2013年に遡ります。17歳で出場した米国女子ツアー「ホンダLPGAタイランド」、最終日の最終ホールまで2打差のリードでむかえました。ホームのファンに立派な優勝場面を見せようと無理なプレーをし、優勝を逃しました。

無理に2オンを狙ってトリプルボギーをたたき、ほぼ手にしていた優勝を逃しました。「あの経験があったからこそ今の私があります」と昨年直接インタビューした時に私に答えてくれました。

5年前からレッスンを受けているピア・ニールソンの「54ビジョン」が花咲いたのです。20年前に大東が日本に紹介して、宮里藍選手をはじめ多くのプロが支持している「自分に限界を設けない」考え方です。

アリアのゴルフスイングは、身長170センチ、体重73キロの恵まれた体格を生かした豪快なものです。ドライバーショットも、アイアンのように縦振りで振っているのが分かります(緑矢印)。「ロングアイアンの方が得意です」と本人がコメントしているように、クラブヘッドを上から入れていることからも見て取れます(緑矢印)。

「ドライバーが好きになるように今後練習します」と本人が言っているように、ドライバーでティーショットするアリアの姿が今後見られれば、まさに「鬼に金棒」となり、ますますの活躍が期待されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属