キャメロン・チャンプのスイングとチェックポイント

2017年にプロ転向を果たし、18年の米国下部ウェブドットコムツアー「ユタ州選手権」で優勝。2018年10月「サンダーソンファームズ選手権」で米ツアー9戦目にして初優勝をあげたキャメロン・チャンプ(24歳)。平均飛距離340ydを超えるツアー1の飛ばし屋として知られています。

全米プロでの練習場でのドライバーのデータが、ヘッドスピード57.98m/s、打出し角は9.1度、スピン量は2767回転、キャリー351.4ヤード、トータル377ヤードと、規格外の数字が並んでいました。真後ろから見ない限り、飛んで行くボールを追えない状態でした。

チャンプのスイングの特徴は、体の柔軟性を生かしたものです。すなわち体重移動をあまり使わなく、体の回転でボールを飛ばしています。

トップオブスイングでは、右足側に腰が動くことなく、逆に左足側に尾てい骨を引いています(黄丸)。あたかも左サイドにある腰高の椅子に、お尻を突き出して腰かけているような形です。

それでも上半身の肩の回転は、90度をゆうに超えています(青線)。このトップオブスイングでの上半身と下半身の捻転差がパワーを引き出し、飛距離を生み出す原動力となります。

ダウンスイングでは、一気に腰を回転すると同時に両腕を体に引き付けています。左腕が地面と平行にも関わらずクラブシャフトは垂直以上と強烈なコックをキープしているのがわかります(緑丸)。

インパクト直前のグリップが右足前に来た時、クラブがまだ地面と平行の状態です(青丸)。インパクトでは、ショートアイアンのショットと見間違えるほどにハンドファーストの状態です(紫丸)。フォロースルーでは両腕が伸び右手が左手を追い越しているのがわかります(赤丸)。

とても大きなアクションで振っているのではなく大きな飛距離が出るのは、滑らかな体の回転とリストコックの使い方によるものです。手首と体の稼働領域と柔軟性を高めることで、あなたも飛距離を伸ばすことができるでしょう。

日本プロゴルフ協会・A級ティーチングプロ
大東 将啓(オオヒガシ マサヒロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属