CATEGORY トピックス

スポーツの変革(4)

【この記事は2018-07-8に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 「見せるスポーツ」への成長は年々進んでいる。 国際サッカー連盟はロシア大会の賞金や参加費として、大会史上最高となる約870億円を用意したと…

恩人ピーター・トムソン永眠

【この記事は2018-06-22に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 私にとっても日本ゴルフ界にとっても恩人のピーター・トムソン氏が6月18日88歳で永眠された。 トムソンは全英オープンで素晴らしい活躍を重…

全身広告塔!未勝利の新人・三浦桃香(19)とスポンサー契約をかわした資生堂「アネッサ」の思惑は?

女子ゴルフのアイドル系ルックスで話題の新人・三浦桃香に、ビッグなスポンサーが名乗りを上げました。畑岡奈紗(米ツアーが主戦場)、勝みなみ、新垣比菜らと同じ19歳″黄金世代〝の一人。宮崎・日章学園高出。昨年のプロテストは不合…

スポーツの変革(3)

【この記事は2018-06-17に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 「プレーするスポーツ」から「見せるスポーツ」への変革はスポーツ界を変化させている。トッププロだけでなくトップアマの競技もTV価値を上げて…

スポーツの変革(2)

【この記事は2018-06-11に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 興業収入の中心になるべき入場券販売の実態はどうか? ゴルフはプロ野球、サッカー、相撲など多くの観戦フアンを持つスポーツと大きな違いがある…

スポーツの変革(1)

【この記事は2018-06-06に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】 このところ、スポーツのスキャンダルが続いている。 社会の変化に伴い、スポーツが変化していくのも自然なことだが、相撲、レスリング、アメリカ…

レディスモデルは女性に不向きという「新現実」

女性用クラブ

フィッティングスタジオにいると時々、奇妙な現象に遭遇します。それは、女性客にフィッティングすると、ほとんどの女性に対してレディスモデルを推奨することがないという事実です。彼女たちはアスリートゴルファーではなく普通の女性。…

科研費採択課題に見る「ゴルフ研究」の潮流

研究者が獲得を争う「科研費」 2018年3月に国立長寿医療研究センターなどが発表した「認知症の予防にゴルフは役立つ」という研究成果が話題となっている。ゴルフに関する疫学・社会科学的な研究はまだまだ発展途上であり、今後も多…

昭和天皇はゴルフがお好きだった!

「昭和の日」は昭和天皇の誕生日、崩御されて以降は「みどりの日」となり、「昭和の日」へと変わった。昭和の時代を懐かしく思う方々には記念日としてふさわしい日かもしれない。その昭和天皇が大変ゴルフ好きだったことは、今の若い方に…

2018年 PGA親子レッスン会in東大阪ゴルフセンター

3月25日(日)第20期生となる東大阪ジュニアゴルフ育成会(20名)の入学式終了後、PGA副会長渋谷稔也プロをはじめ東大阪ゴルフセンター所属の山下真也(PGAティーチングプロ)他8名の日本プロゴルフ協会による恒例の親子レ…

米ツアー3試合の出場権がもらえる新規大会「アジア・パシフィック女子アマ選手権」誕生! 来年はザ・ロイヤルGC(茨城)で日本開催の注目度!

3月1日に開幕する国内女子ゴルフツアーに先立ち、アジア太平洋ゴルフ連盟とR&Aにより今年から登場した嬉しい新規大会があります。 「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」がそれです。シンガポールのセントーサGCで…

今年もエントリー開始「全日本アマチュアゴルファーズ選手権」。さあ、挑戦してみよう、競技ゴルフ!!

今季の開幕第2戦、レオパレス21ミャンマーOPでも8位に入った川村昌弘。パブリック時代も強く、10年の「全日本男子」の優勝者だ。

アマチュアゴルファーの祭典「全日本アマチュアゴルファーズ選手権」の日程と開催要項が、主催の(公社)日本パブリックゴルフ協会から発表されました。 今年、52回目を迎える老舗イベントの「全日本」(男子)は、6月13日(水)、…

「いまの世の中甘くない」ー来季日程また1試合減に青木功会長嘆き節。女子ツアー人気に押されっ放しの男子ツアーだが・・!

男子プロゴルフの2018年度ツアー日程が発表されました。試合数はホンマ・ツアーワールドカップが開催中止となって今年より1試合減の25試合。 賞金総額は8700万円減の35億775万円。女子ツアーが来季も38試合、6年連続…

ゴルフ人口の激減期 “18-23(イチハチニイサン)問題” に対応するための、ゴルフ産業の短期的改革案

この記事は、月刊ゴルフ用品界2015年5月号 【北徹朗の学窓からみるゴルフ産業改革案】連載(第2回)より一部抜粋・再編集したものであり、現況と異なる場合があります。   従来、筆者はゴルフ産業の活性化のために、…