「新型コロナウイルス」で日本のゴルフのプレースタイルも変わる!?

大東将啓

スループレーのすすめ

日本でのゴルフプレーは、9ホールを終えて昼食休憩を取ることが一般的です。しかし今回の新型コロナウイルス騒動で日本のゴルフプレースタイルも18ホールを休憩なしでプレーする、いわゆる「スループレー」を導入するゴルフ場が多く見られるようになってきました。
日本のゴルフでは今まで接待を伴うことが多く、豪華な昼食をゴルフ場のレストランで取ることが一般的でした。一緒にプレーをする同伴競技者と懇親を深めたり、「昼のビールを楽しみにゴルフをする」人たちにとっては、良かったかもしれません。しかし、遠方にあるゴルフ場までのアクセスを考えると、「ゴルフは時間が掛かる」スポーツとして避けられてきたことも事実です。
しかし今回のコロナ騒動で、「3密」から一番縁遠いスポーツとして改めてゴルフが見直されているところです。そして日本のゴルフにおいても、今後「スループレー」スタイルを推奨していくべきと考えております。

そこで、スループレーのメリットをみていくこととします。

① 時間を有効活用することができる。海外ではサマータイムを導入している国も多く、夏場では8時過ぎまでゴルフプレーが可能となります。「スループレー」で仕事終わりにゴルフを楽しむ人たちも少なくありません。日本でも時差出勤などの導入が増えてきています。マイホームパパでも「スループレー」なら、奥様の許しが出やすくなるのではないでしょうか。筆者が海外でプレーする場合、2サムプレーなら1ラウンド3時間以内で終了するので、残り時間を有効に使用することができます。
② リーズナブルなプレーフィー。昼食代の節約だけでなく、「スループレー」は、通常料金よりも安く設定されていることも少なくありません。海外と比べても現在の日本のゴルフプレー料金は、非常に安価な水準になってきています。その点でも米国や東南アジアと比べて日本のゴルファーは、恵まれていると言えます。
③ 交通渋滞を避けてゴルフ場にアクセスすることができます。早朝プレーや午後プレーを利用すれば、渋滞を避けてゴルフ場に行くことができます。
④ スポーツとしてのゴルフを見直すことができます。今までのゴルフは、プレーの途中で食事をする唯一のスポーツでした。コロナ対策が取れると同時に健康増進やストレス解消に役立つスポーツとしてのゴルフの位置づけが見直されています。一日1万歩以上、大自然の中を歩くゴルフは健康増進だけでなく認知症予防に効果があるとされる研究結果もあります。
⑤ 昼食後に調子が狂うことを回避できます。前半のラウンドの調子が良くても豪華な昼食を取ることで後半のラウンドの調子が狂うことが少なくありません。「スループレー」をすれば、そのままの調子を維持することができます。とくに後半には軽食、塩分、糖分や水分補給を十分にすることをおすすめします。

お年を召してからでも始められるゴルフ

ゴルフは、反射神経を必要としない特異なスポーツです。テニスや野球では飛んでくるボールに素早く反応する必要があります。しかしゴルフは止まっているボールに対して自分自身が動きを始めることができるのです。すなわち反復練習により繰り返し動きを覚えて、自分のゴルフスイングを形成していきます。従ってお年を召してからでもスタートできる極めて稀な運動でもあります。
また今回のコロナウイルス対策として言われている「3密」から一番対極にあるスポーツです。大自然の中で、ソーシャルディスタンスを保って仲間と、四季折々の自然を感じながら楽しめるのがゴルフです。

その意味で、是非この機会にゴルフの良さが再認識され、「スループレー」スタイルを通してより多くの人々にゴルフを楽しんで頂ける啓蒙をしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属