キャメロン・スミスのスイングとチェックポイント

今年のソニーオープンで優勝したキャメロン・スミス(26歳)。72ホール目の18番(551ヤード・パー5)、首位を行くブレンダン・スティールが第二打を大きく左に曲げてギャラリの中に打ち込みました。1打差で追うキャメロン・スミスもグリーン手前のバンカーに捕まり2オンすることが出来ません。しかし40ヤードと距離のあるバンカーショットを3メートルに寄せてバーディーを奪取し、パーとしたスティールに追いつきプレーオフとなりました。

今年のソニーオープンは4日間とも天候は優れず、18番グリーン上に水が浮き上がるまでとなっていました。その為、プレーオフは、10番(351ヤード・パー4)で行うこととなりました。暗闇迫る中、1ホール目で決着がつかなければ翌日に延期することが決まっていました。プレーオフのティーショットを右に大きく曲げたスミスに対して、スティールは、フェアウエイセンターの好ポジション。トラブルショットを見事2オンしたスミスに対して、グリーン奥のピンに果敢に攻めたスティールは、グリーンオーバーとなりました。ボールは、砲台グリーン奥のカメラを構えていた私の足元まで来て万事休す。ほんとにゴルフは分からないものです。
キャメロン・スミスのスイングは、上半身の脱力したアドレスが特徴的です(緑丸)。両腕をハンドアップ気味アドレスして、グリッププレシャーが脱力されていることがわかります。両腕と上半身が一体となったテークバックは理想的です。紫丸から分かるようにグリップが常に胸の前に来ている状態です。トップオブスイングでは、背中の全てが見えているように上半身の捻転が十分にされていることが分かります(赤丸)。

ダウンスイングでは右脇をしめて、右ひじが体から離れない状態がキープされています。結果としてグリップエンドがボールを指すフルコックの理想的な状態となっています。インパクトでは、左股関節の上に体重がのっていることが分かります。青丸のスラックスの鼠径部に皺があるのが、その証拠です。ヘッドビハインザボールのポジションで、両腕が伸びたフォロースルーが見事です。黄丸にみられるようにグリップがテークバック同様に胸の前に位置しています。
インタビュールームで真摯に記者たちの質問に答え、、また自国オーストラリアの災害の事を憂う姿に接して、個人的にもキャメロン・スミスのファンとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属