渋野日向子のスイングとチェックポイント

昨年ブレイクした渋野日向子プロ(21歳)。一昨年までステップアップツアーを主戦場としていた渋野プロが、昨年、全英女子オープンでのメジャー優勝をはじめ国内4勝、賞金獲得2位と大活躍しました。

最たる要因は、平均パットが1.7582(鈴木愛に次いで2位)と、苦手なパターを克服したことです。
1ラウンド当たりのパター総数も一昨年の約32から昨年は約29と3ストロークも縮めています。その成果を支えたのが毎日の練習ドリルに有りました。

プレー前は、7メートルから15メートルのロングパットを半径1メートルに入れる練習します。これはその日のグリーンのスピードに感覚を合わせるためです。

1球のボールで距離をランダムに決めて打ちます。同じ距離を何球も打つと機械的になるので毎回1球だけで違った距離をパターするのです。

ラウンド後には、9ホールの模擬パットドリルをします。カップまで1メートルの地点からパットを始めます。50センチ刻みでカップから離れながら周囲をぐるりと1周。スタート地点の後方付近から打つことになる9球目のパットが、5メートルの距離になります。

渋野プロは、このドリルで7球成功するまで帰りません。3回失敗すれば、最初の1メートルからやり直すのです。試合同様にプレッシャーがかかり、カップを1周するので全てのラインを練習することが出来ます。

渋野プロのスイング特徴は、ハンドダウンに構えるアドレスです(青線)。グリップが右足前のテークバックの時点でコックが行われています(紫丸)。女子プロには珍しいコンパクトなトップです(赤丸)。ダウンスイングではグリップエンドがボールを刺すオンプレーン上に来ています(黄矢印)。

グリップが右足前のダウンスイングまでフルコックがキープされています(青丸)。左腕とクラブが一直線のインパクトです(緑線)。上半身の回転と腕が同調したフォロースルーです(黄丸)。クラブヘッドがターゲットを刺すほど振り抜きの良いフィニッシュです(緑丸)。

渋野プロのスイングを真似することは難しくても、パッティング練習を真似ることは可能です。ゴルフコースには、スタートの1時間以上前に着いて練習グリーンにてパッティング練習することをお勧めします。

単調なパター練習もドリルを通じてより楽しく実践に近いものとなるでしょう。またプレー後の練習もより効果的です。「練習は嘘をつかない」をご自身で証明してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属