リッキー・ファウラーのスイングとチェックポイント

70万以上の観客動員数を誇るウェイストマネージメント・フェニックスオープンで、2019年2年ぶり通算5勝目の優勝を飾ったリッキー・フェウラー(30歳)。

最終日に1トリプルボギー、1ダブルボギー、1ボギーを叩き、一時トップの座を明け渡しました。しかし終盤の15番パー5で2オン2パットのバーティー、17番パー4で1オン2パットのバーディーを奪取して優勝を引き寄せました。

彼の優勝記者会見は、目の前で聞いていて素晴らしいものでした。「優勝できなくても、明日になれば、また太陽があがる、でしょう!起こったことを受け入れて、友人を亡くしたことや大切な事を考えながらプレーしていた。今日のプレーは、楽しくなかったけど、家族や仲間の前で優勝できて今から楽しくなりそうです。」コメントからも、ファンを引き付けるファウラーの人柄が出ていていました。

トリプルボギー、ダブルボギーを叩きながら優勝したファウラーの戦いは、歴史と記憶に残る素晴らしいものでした。 アプローチショットを池に入れた時も、プレースしていたボールが傾斜で動きだし再度池に転がり落ちた時も、レフリーからペナルティの説明を受けた時も、顔色を変えずに冷静に現実を受け止めていました。

かたやバーディーパットや長いセービングパットを決めてもガッツポーズを取ることなく淡々とプレーしていました。 ファンだけでなくツアープロの仲間たちからも愛されている彼を垣間見た気がしました。

リッキーのスイング特徴は、フラットなトップオブスイング(青丸)です。トップでのグリップの位置が、右肩上空よりかなり後方に来ています(青丸)。

ダウンスイングからは、上半身の前傾姿勢をキープすると同時に深い懐を利用してインサイドアウトにクラブヘッドを鋭く振りぬいています(緑線)。身長が175センチながら平均飛距離306ヤードと、飛ばししている要因でしょう。

最終ホールのティーショットを大きく左に曲げてバンカーの「教会の椅子」に打ち込みました。ココ一番での左に曲げるショットを克服して人気と実力を兼ね備えたスター選手へと活躍が期待される選手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属