スポーツの変革(1)

【この記事は2018-06-06に大西久光ブログに掲載したものを転載しております】

このところ、スポーツのスキャンダルが続いている。
社会の変化に伴い、スポーツが変化していくのも自然なことだが、相撲、レスリング、アメリカンフットボールとTVで大きな話題になったことは初めてではないか?

私の記憶では1984年ロサンジェルスオリンピックから大きなスポーツの変革が始まったと認識している。
1984年オリンピックを開催したいと手を挙げたのはロスだけだった。開催地の資金負担が大きすぎるというのがその理由だった。

そこでオリンピック委員会は増収のための4つの政策を打ち出した。

1.TV放映権料の増収を図る
2.企業スポンサーを30社募集して、それらの企業がオリンピックがらみのPRができるようにする
3.入場料収入の増収をはかる
4.記念グッズなどの売り上げによる収入増をはかる

この政策はその後より強い傾向になって継続されているゴルフが2016年から参加できた理由も世界ランクの上位プロがほとんど参加するというアピールがあったため、視聴率アップが見込めるとの判断が働いたとの話もある。

これらの政策によって、商業化されたオリンピックではプロがどんどん参加することで、トップアマとの区別がなくなった。
最近の日本でもマラソンで1億円の報奨金を得たアマのマラソン選手もいる。アマがCMに出演し、収入を得られるようになった。
スポーツによって違いはあるが、アマ資格はなくなったといっても良い。

改革の遅れているゴルフだけが昔からのアマ資格を守っているといっても良い。

今やスポーツは多くの人が見て楽しむエンターテイメントになった。
つまり「プレーするスポーツ」から、「見せるスポーツ」へと変化している。

そこに興業性が生まれ、スポーツを管理するそれぞれの協会には利権が生まれている。
協会にはこれらの営業を管理するような人材やシステムが備わっていないケースが多い。スポーツの世界では現役の時に活躍した選手たちが協会でもトップを占めることが多い。

スポーツの変革の中でトップアスリートだけでは運営しきれないスポーツになっていることを認識すべきではないか?

次回からそれぞれの具体的な私の認識をお知らせして、皆様のお考えを知りたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大西久光

1937年2月10日、兵庫県西宮市生まれ
1995年 関西学院大学商学部に入学。大学時代ゴルフ部キャプテンとして関西リーグ戦に優勝。
1959年 関西学院大学を卒業し㈱日本ダンロップ(現:住友ゴム工業㈱)に入社。
ゴルフボールの販売推進を第一歩に、ゴルフ用品の商品開発に従事するなど、ゴルフビジネス一途に専従する。
1973年 ㈱ダンロップスポーツエンタープライズの創設と同時にゼネラルマネージャーとして出向。
1975年 同社取締役就任、1982年 同社常務取締役就任。
1986年 住友ゴム工業㈱及び㈱日本ダンロップに帰属し、スポーツ用品副事業部長。1988年 取締役
スポーツ事業部長。1991年住友ゴム工業㈱常務取締役に就任。
1994年 ㈱ダンロップ スポーツ エンタープライズ代表取締役副社長。
1998年 同社代表取締役社長に就任。
住友ゴム工業およびダンロップスポーツエンタープライズ在籍中、トーナメントディレクターとして約300のプロゴルフトーナメント、テレビマッチやゴルフレッスン番組など約600本を企画運営する。1973年よりテレビ解説を始め、約350本のTVマッチ及びダンロップ
フェニックストーナメントなど約150本以上のトーナメント解説を行う。
ゴルフトーナメント、ゴルフイベントのプロデュースを行う事で、ゴルフコース設計の重要性を認識し、ゴルフ場設計にも関わる。
1999年 住友ゴム工業㈱および㈱ダンロップスポーツエンタープライズを退職退任
㈱ターゲットパートナーを設立し、代表取締役に就任、現在に至る。
現在の主な役職
公益社団法人 ゴルフ緑化促進会 理事長(2007年 就任)
日本ゴルフ関連団体協議会 常任理事(2007年 就任)
NPO法人 日本芝草研究開発機構 副理事長(2008年 就任)
㈱サイプレスクラブ 代表取締役社長(2003年 就任)
南部富士㈱ 取締役(2002年 就任)
ゴールドウイン開発㈱ 顧問(2006年 就任)
ゴールデンバレーゴルフ倶楽部 評議員、理事、キャプテン(2008年 就任)
千刈カンツリー倶楽部 アドバイザー(2014年 就任)
サンコー72カントリークラブ 顧問 (2014年 就任)
魚津国際カントリークラブ 顧問 (2015年 就任)
メモリアルトーナメント・キャプテンズクラブ(USA) メンバー(1985年 就任)
主な著書
Golf World & Nippon(2009年5月)
温故知新(2006年6月)
ゴルフ雑記帖(2000年10月)
青木功の諦めないで自分を変えろ(1998年3月)
ゴルフボール-その飛びの秘密(1986年12月)