女性ゴルファーの道具選びへのアドバイス

皆さんご存知の通り、ここ数年で女性ゴルファーの数は増加傾向にある。

それに伴いウェアやバッグ類は様々なデザインの物が増えているが、ボールやクラブに関して言うとその数が大きくは変わっていないのが現状。しかし選択肢自体は広がっている。

今回は男性に比べ非力な女性ゴルファーだからこその、道具選びをご紹介したい。

ブリヂストンスポーツはJGRブランドから新しいモデルをリリースした

先ずは簡単に試せるボールについて。

店頭では飛距離が出る。スピンが入る。などの広告文言を目にするが、その性能はターゲットユーザーが使った時にこそ大きく発揮される。

話題の飛距離に特化した非公認球などは女性が飛距離を伸ばすのに大きな助けとなるが、ボールの特性を考えるとその硬さから肘や肩などの関節に負担がかかる可能性も低くはない。

その逆にオススメしたいのが柔らかいスピン性能に優れたボールである。

よく練習場でどの番手で打っても飛距離が変わらない。と言っている女性の声を耳にするが、それは多くの練習場のボールが、スピンの入りにくい、上がり難いものであるため。

スイングタイプ、スイングスピードにあったボールを選び、番手毎に適正なスピン量のショットが打てるようになれば高い弾道のボールが打てるようになり、飛距離は伸びる。

特に女性の場合は男性に比べスイングの再現性が高いのでスイングにマッチしたボールを使用することで安定したショットを放つことができる。

一方で背が高くクラブを鋭角に下ろしてスイングができる方などは、ディスタンスタイプのボールを使うとスピン量が減り飛距離を伸ばせることもある。そのためスイングタイプでボールを見極めて欲しい。

続いてクラブに関してだが、しばしば男性用のクラブを使っている女性を見かける。

各メーカーがメンズモデルほど種類を出していないことから選択肢がLシャフトの次は男性物と考えている方が多いのかと思うのだが、着目して欲しいのが女性向けのRシャフトやAシャフト。

メーカーや番手によってバラつきもあるがシャフトで2~5グラムの差がある。

実際に3グラム違うクラブを握るとその重さは明らかに違う。

また長さに関しても0.5~0.75インチ長くなっていることから、Lシャフトと比べるとすぐに振り難いと感じられる。

ブリヂストンゴルフの新しいJGR

アイアンのLシャフトとRシャフトでは長さで0.5インチ、重さで4gも違う。

もし今のクラブに物足りなさを感じているのであればメンズ物のクラブを手にする前にぜひ試して欲しい。

女性ゴルファーが増えたことでメーカー側も新作では男性物に比べると前作と異なったコンセプトのクラブを提案しているし、クラブの形状なども大きく変更してきている。

注目の新作をチェックしていただくのも良いが1つ前のモデルがご自身のスイングに合っているということケースも珍しくない。

用具選びでスコアが大きく変わるゴルフというスポーツ。
次のクラブ変更の際には多くのクラブを調べての購入を検討いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇田川健助

1981年7月12日生まれ
平成18年5月~平成20年11月イーゴルフ株式会社 携帯サイトでのコラム執筆。メールマガジンでのゴルフ場紹介コラム。提携先雑誌「GolfStyle」ホームページでのコラム執筆。提携先のゴルフ専門サイト「GolferWeb」でのコラム執筆。
平成20年12月~平成21年4月株式会社ゴルフトゥデイ ゴルフトゥデイ主催の大会ページ、ドライバーカタログなどを担当
平成21年5月株式会社ベンチャーリパブリック(現オセニック株式会社)新製品の紹介やトーナメント記事に関するブログ記事を執筆。ゴルフクラブ、ボールの選び方コンテンツ記事の執筆。