JGJA特別研修会 ZOZOチャンピオンシップ開催コース 視察体験ラウンド会 開催報告

JGJA(日本ゴルフジャーナリスト協会)は6月19日に、USPGAツアーのZOZOチャンピオンシップ(10月24~27日)の開催コースである習志野カントリークラブでの視察会を実施した。当日はゴルフ業界関係者はじめ一般ゴルファーら15名が参加した。

ZOZOチャンピオンシップでは、36ホールある習志野カントリークラブのクイーンコース、キングコースのそれぞれ18ホールから、9ホールずつが選ばれ使用される。

6月と8月の2回に分けて行う予定の本視察会。今回はクイーンコースの18ホールをラウンドした。

当日は当協会会員であり、習志野カントリークラブのメンバーである薬師寺広が、トーナメント時に使用予定とされているホールを中心に、ホールの攻め方や特徴を参加者に説明。ティーショットの落とし所やグリーンサイドの難易度の高いバンカー、細かなグリーンの形状などコース攻略のポイントが紹介された。

習志野カントリークラブは、2016年の日本シニアオープンをはじめ、国内男子ツアーのサントリーオープンなどの多くの試合を開催してきた実績がある。かつて学生でありながら米ツアーで初優勝したばかりのフィル・ミケルソンもプレーした。

今回のZOZOチャンピオンシップでは、すでにUSPGAツアーのグリーンキーバーの担当者が足を運び、コース改造が進められている。

参加者はラウンド終了後、篠塚健司支配人から、トーナメントに向けてフェアウェイの幅やバンカーの形状など改修状況の説明を受けた。また大会当日の対応についてなど、参加者からの質問にも対応してもらった。

また篠塚支配人からの説明終了後には当協会会員で、レッスンプロの永井延宏副会長から、コース攻略に向けてのドロー、フェードの打ち分け方や、ターゲットの取り方についてなど、選手のショットを見る上での注意点に関する講義が行われた。

プレーを通じてコースを体験するだけでなく、ZOZOチャンピオンシップに関する貴重情報も得られ、参加者にとって充実の一日となった。

今後もJGJAでは会員の知識向上のため、このような視察会や勉強会を行っていく予定。

次回は8月5日に当協会の小川朗副会長による文章の書き方講座、8月27日に第2回となる習志野カントリークラブでの視察会を実施する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇田川健助

1981年7月12日生まれ
平成18年5月~平成20年11月イーゴルフ株式会社 携帯サイトでのコラム執筆。メールマガジンでのゴルフ場紹介コラム。提携先雑誌「GolfStyle」ホームページでのコラム執筆。提携先のゴルフ専門サイト「GolferWeb」でのコラム執筆。
平成20年12月~平成21年4月株式会社ゴルフトゥデイ ゴルフトゥデイ主催の大会ページ、ドライバーカタログなどを担当
平成21年5月株式会社ベンチャーリパブリック(現オセニック株式会社)新製品の紹介やトーナメント記事に関するブログ記事を執筆。ゴルフクラブ、ボールの選び方コンテンツ記事の執筆。