ゴルフ場で聞く校歌。学生ゴルファーたちへ

一日がとても早く暮れる季節。

学生ゴルファー達はキャディのアルバイトを終え、お客さんのスタートが全部済んだ後、コースの厚意を得て練習ラウンドを開始する。既に彼らがバッグを担いでインコースを出てから2時間近くが経過している。

12月に入ると、薄暮9ホールを回り終えるのは時間的に厳しい。

フェアウェイを夕陽が紅く装ったかと思うと、瞬く間に暗闇が迫る。

つるべ落とし。目の前にある景色の濃度が急速に薄べったくなり、静けさが覆う。

冷気が首筋から刺しこむ。

ヒートテック素材のウェアを着込むも、体温が奪われる。

最終ホールを上がった地点のカート道の脇に立ち、戻ってくるはずの彼らを捜すともなく、ぼんやりとコースを見降ろしていた。

ピンポジションはもとより、暗くてグリーン全体の位置さえ覚束なくなってくる。40歳中頃から、とんとダメになった私の眼ではこの闇の中でボールを追う事など到底できない。

やがて、グリーンに向かって登り傾斜の最終ホール、彼方から声が流れてきた。

耳を澄ませば、それは歌のよう…。

近づくに連れて時折おおきな笑い声が混じる。聞きなれない歌は、どうやら校歌らしかった。

いささか古臭い歌詞を、半ばやけっぱちのように歌う。

若く眼の利く彼らも、さすがにボールを打たずにコースを上がって来たようだ。

4人はグリーン近くまで来たかと思うと、バッグを置き、アプローチを打った。打ち終えると笑い声、そしてまた、少しふざけた調子の歌声。

振り返ればクラブハウスの明るい灯。そのまま立ち続けるのが照れくさくなった私は、彼らの声を背にハウスに戻った。

ゴルフを通じて交わされる友情。

その貴重な時を彼らは今、過ごしている。

普段、ゴルフ場では見られない学生ゴルファーの姿。できるなら皆さんに静かに見守っていただければ。

ゴルフに関して、今年(2016)様々なニュースが流れた。将来に不安を覚えずにいられない話も多かった。

いま思うこと。大事なこと。

それはジュニアゴルファーの育成努力。若いゴルファーの力と心を信じて育てること。技量ばかり注力せず、彼らを信じ、ゴルフの心、作法を共に次世代へと繋げていくこと。

灯火が照らすキャディマスター室前。

汚れた靴にエアガンを吹きつける。乾いた風。大袈裟に響く作動音。

その中で感傷的になる自分を誤魔化す。

もうすぐ彼らに「今日はどうだった?」と笑顔で訊かねばならない。

ABOUTこの記事をかいた人

山本光孝

1956年1月24日生まれ 兵庫県芦屋市出身
甲南大学法学部卒。
中学1年生の時、ゴルフを始め、「将来はクルマか、ゴルフか…!?」 いずれの仕事就くかを悩む学生だった。
商社勤務の後、1980年、カー雑誌編集部員に(CARトップ誌・交通タイムス社)。
以後約30年間クルマ雑誌の編集、プロデュ―スに携わる。
1991年 ㈱マガジンメーカーズ設立、代表取締役。月刊誌「オートファッション」他、自動車雑誌5誌創刊。㈱交通タイムス社取締役兼務。
1995年~ 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員。執行役員、事務局長等に就任。
2007年~ メンズ・ストリートファッション月刊誌「411(フォー・ダブ・ワン)」プロデュ―ス。女子小学生リアルファッション雑誌「JSガール」(三栄書房)プロデュ―ス。
2016年~ ゴルフライターに転身。
「ゴルフトゥデイ」誌(ゴルフトゥデイ社)において連載開始(レッスン記事・ムダな抵抗は止めよう!)。
ジュニアゴルファー育成を図るべく、NPO法人「ザ・ファースト・ティ・ジャパン」の
www.thefirstteejapan.org/  プロモーションディレクターに就任。
また、同法人が大相模C.Cにて開催するジュニアレッスンにアシスタント・コーチとして参加。明日を夢見る子供たちと共に過ごす。
ゴルフが全世代に親しまれるスポーツであり続ける事をテーマに活動。