松山英樹がプレーオフを制し米ツアー2勝目!

【米アリゾナ州スコッツデール7日(日本時間8日】
松山がうれしい米ツアー2勝目をモノにした。
しかも相手は米ツアーの実力者で日系3世の祖父を持つリッキー・ファウラー
(27歳=米国)。
2週前のアブダビHSBCゴルフ選手権で
ローリー・マキロイ(26歳=北アイルランド)、
ヘンリク・ステンソン(スウェーデン=39歳)を破り
波に乗っていた相手との4ホールに及ぶ一騎打ちを制したとあって、
今後大きな自信となることは間違いない。
今季の4大メジャー、さらにはリオ五輪での活躍も期待できそうだ。
また、日本人としては丸山茂樹の3勝に次ぐ、2人目の複数優勝者となった。

米男子ツアーの「ウエイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」最終日は
TPCスコッツデールスタジアムコースで行われ、
通算14アンダーで並んだ松山とファウラーによるプレーオフへともつれ込んだ。

3ホール目でファウラーがティーショットを左の池に入れボギーを叩いたのに対し、
松山は1・5㍍のバーディーチャンスこそ外したものの、
パーで上がり熱闘にピリオドを打った。

それにしても、手に汗握る名勝負だった。
ともに3打差の2位、最終組でスタートした松山とファウラーはデッドヒートを展開。
松山が1番で4.5㍍を沈めてバーディーを先行させると、
ファウラーも3番のパー5でグリーンの右から、
アッサリと1㍍に寄せてバーディー。
ともにスコアを1つ伸ばし、大ギャラリーの待つサンデーバックナインへと向かった。

ファウラーは10番、グリーンの奥から難しいアプローチをチップインのバーディー。
13番でも左の奥から80㌢に寄せてバーディーを奪い、単独トップへと躍り出た。
さらに15番のパー5は8㍍に2オンして2パットのバーディーと攻撃の手を緩めない。
優勝の2文字を大きく手繰り寄せ、上がり3ホールへと突入した。

一方の松山もあきらめない。ファウラーの背中を追い、13番で奥4㍍を沈めてバーディー。
2打差で17番のパー4を迎えると、ここでドラマが待っていた。
ファウラーは守りに出ず、グリーンまで317ヤードのティーショットを果敢に1オン狙い。
ところがボールは花道にバウンドしてからグリーンを突き抜け、なんと池に入ってしまう。
1罰打を費やしての3打目が4㍍と寄らず、2パットのボギーを叩いてしまった。
一方の松山はグリーンの手前から80㌢に寄せバーディー。
2打差が一気に縮まり、14アンダーの首位に並んだ。

18番でのプレーオフ1ホール目はともにフェアウエーをキープし、パー。
同じく18番が舞台となった2ホール目はファウラーが右サイド、
松山が左サイドのフエアウエーをとらえる。
2打目もまず松山が右奥3・5㍍につけると、ファウラーもピン奥4㍍のバーディーチャンス。
ファウラーが先にこれをど真ん中から沈めプレッシャーをかけるが、
松山も左カップからねじ込んでバーディーを奪い返す。
18番での2ホールは主役2人がともに譲らず、勝負は3ホール目の10番に持ち越された。

ここでファウラーがティーショットを左に曲げる痛恨のミス。
左ラフからの第2打はグリーンの奥にオーバーしてしまった。
しかしここでもファウラーが底力を見せる。アプローチを3㍍近くショートしながら、
このパットをあっさり沈めパーセーブ。
松山はフェアウエーのいいところからピン奥8㍍と寄せきれず。
2パットのパーで絶好のチャンスを生かせない。

しかし4ホール目の17番で、ついにフィナーレが訪れた。
ファウラーにとっては最終ラウンドの第1打がグリーンオーバーの池ポチャとなり、
松山に並ばれた鬼門のホール。
その忌まわしい記憶が払拭できていなかったのか。
大事なティーショットを今度は左に曲げ、ボールはまたもや波紋を描いた。
1ぺナを払っての第3打も寄らず、本選に続いての2パットボギー。
一方、松山はグリーン手前の花道に第1打を運び、2パットのパー。
2014年のメモリアルトーナメントに続く、米ツアー2勝目が転がり込んできた。

4日間で61万人を超えるギャラリーを動員する大舞台でのV。松山はスターへの階段をさらに一段、上った。

http://tochro-golf.com/2016/02/08/494.html

ABOUTこの記事をかいた人

小川朗


岡本綾子や青木功が全盛の海外ゴルフツアーを特派員として7年半、300試合以上取材。1983年の全英オープンを皮切りに男女メジャー競技の取材もその1割強に上る。
「岡本綾子ゴルフのすべて」など多くの連載を取材・執筆。
運動部長、文化部長、法務広報室専門委員、広告局長、同顧問を歴任後2015年9月に退社。現在はフリージャーナリストとしてニュースサイト「The Tokyo Chronicle」を中心として精力的に執筆活動を行っている。
調査報道物を最も得意とし週刊パーゴルフで「ゴルフ場を造った男たち」、「日刊ゲンダイ」火曜日掲載の「今ゴルフ場で何が起こっているのか」、「月刊ゴルフ用品界」でも「小川朗の提言ルポルタージュ・ゴルフ界の現場を照らす」を連載中。スポーツ関連の問題でマスメディアからコメントを求められることも多い。GOLF Net TV「小川朗のゴルフギョーカイ学」ではゴルフの「キホンのキ」について解説している。。ノンフィクション、インタビューものにも定評があり、週刊パーゴルフ「ゴルフノチカラ」「芝目八目」などにも頻繁に執筆。
単行本・新書版の分野でも精力的に活動。「岡本綾子のすぐにチェックしたい!ゴルフの急所」(日本経済新聞出版社)は紙面で1年にわたり連載したものに加筆・再編集したもの。「新書版ながら9刷のスマッシュヒットとなっている。
取材・構成を担当した最新版は「どんなクセでも自分で直せるゴルフレッスン」(星野英正)。『ゴルフは「自律神経力」で確実に10打縮まる!』(小林弘幸・横田真一)も大好評を博し
「スポーツ新聞の作り方」「自殺報道の実態と課題」「アスリートのパフォーマンス向上は腸内環境から」などのテーマで講演活動も精力的に行っている。
ウエブページ編集長も務めており、会員・一般向けの「書き方勉強会」もスタートしている。終活カウンセラー協会の初級講座では上級インストラクターとして各地で開催中の初級検定で「年金」「介護」「相続」「保険」「お葬式・供養」というすべての科目でポイント解説の講師も務めている。
現㈱清流舎代表取締役COO。
やまなし大使。
主な活動
「ゴルフまるごと生情報」の海外リポート、米LPGA「ファーモア・インベラリーC」(ともにテレビ東京)の解説も務めた。インターネットDAZNのゴルフ中継やラジオのコメンテーターも務めている。
法務広報室専門委員時代に日本自殺予防学会に入会、総会で「自殺とメディア」をテーマに講演。済生会病院のHPではソーシャル・インクルージョンのページで「いのちの電話」理事長や「自殺防止センター」相談員のインタビューを行っている。http://www.saiseikai.or.jp/social-inclusion/ また、スペシャルオリンピックス日本の公式ウエブサイト でも有森裕子理事長や安藤美姫らアスリートによる座談会http://www.son.or.jp/column/interview/index.html のインタビューも担当している。日本大学藝術学部文芸学科、日本ジャーナリスト専門学校などで『スポーツ新聞の作り方』をテーマに講師も務めた。
TOCHRO GOLF  http://tochro-golf.com/
GREEN GORA http://gora.golf.rakuten.co.jp/goralife/golf/?l-id=goralife_golf