小学生がゴルフトーナメントを実体験

男子プロゴルフツアー三井住友VISA太平洋マスターズ2日目のインタビュールームで、実際にこんなやり取りが交わされた。

「何をミスしたんですか?」(記者役の小学生)

「え?人生でですか?」(プロゴルファー役の小学生)

「好きな人はいますか?」(記者役)

「私が好きなのは家族です」(プロ役)

実はこれ、選手たちがプレー中の時間帯に行われた「模擬会見」。

観戦日和のこの日、大会の会場である太平洋クラブ御殿場コースを地元・静岡県御殿場市立原里小学校6年生、4クラスの児童122人が見学のため訪れた。

トーナメントを観戦するだけでなく、メディアセンターやボランティア本部など、大会の裏側にも”潜入”。

taiheiyo2

会見場ではプロ役の先生やクラスメートに記者役の児童から鋭い質問が浴びせられ、 大いに盛り上がった。

taiheiyo

これは御殿場市が企画したもので、「ゴルフやスポーツへの興味の喚起や郷土愛の醸成が目的」とのこと。

米ツアーでは小学生たちがボランティアの手伝いをする姿を良く見かけた。

ゴルフ界の将来のためにも、子供たちがゴルフを身近に感じられるこうした素晴らしい機会を、もっともっと広げてほしいものだ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

小川朗


岡本綾子や青木功が全盛の海外ゴルフツアーを特派員として7年半、300試合以上取材。1983年の全英オープンを皮切りに男女メジャー競技の取材もその1割強に上る。
「岡本綾子ゴルフのすべて」など多くの連載を取材・執筆。
運動部長、文化部長、法務広報室専門委員、広告局長、同顧問を歴任後2015年9月に退社。現在はフリージャーナリストとしてニュースサイト「The Tokyo Chronicle」を中心として精力的に執筆活動を行っている。
調査報道物を最も得意とし週刊パーゴルフで「ゴルフ場を造った男たち」、「日刊ゲンダイ」火曜日掲載の「今ゴルフ場で何が起こっているのか」、「月刊ゴルフ用品界」でも「小川朗の提言ルポルタージュ・ゴルフ界の現場を照らす」を連載中。スポーツ関連の問題でマスメディアからコメントを求められることも多い。GOLF Net TV「小川朗のゴルフギョーカイ学」ではゴルフの「キホンのキ」について解説している。。ノンフィクション、インタビューものにも定評があり、週刊パーゴルフ「ゴルフノチカラ」「芝目八目」などにも頻繁に執筆。
単行本・新書版の分野でも精力的に活動。「岡本綾子のすぐにチェックしたい!ゴルフの急所」(日本経済新聞出版社)は紙面で1年にわたり連載したものに加筆・再編集したもの。「新書版ながら9刷のスマッシュヒットとなっている。
取材・構成を担当した最新版は「どんなクセでも自分で直せるゴルフレッスン」(星野英正)。『ゴルフは「自律神経力」で確実に10打縮まる!』(小林弘幸・横田真一)も大好評を博し
「スポーツ新聞の作り方」「自殺報道の実態と課題」「アスリートのパフォーマンス向上は腸内環境から」などのテーマで講演活動も精力的に行っている。
ウエブページ編集長も務めており、会員・一般向けの「書き方勉強会」もスタートしている。終活カウンセラー協会の初級講座では上級インストラクターとして各地で開催中の初級検定で「年金」「介護」「相続」「保険」「お葬式・供養」というすべての科目でポイント解説の講師も務めている。
現㈱清流舎代表取締役COO。
やまなし大使。
主な活動
「ゴルフまるごと生情報」の海外リポート、米LPGA「ファーモア・インベラリーC」(ともにテレビ東京)の解説も務めた。インターネットDAZNのゴルフ中継やラジオのコメンテーターも務めている。
法務広報室専門委員時代に日本自殺予防学会に入会、総会で「自殺とメディア」をテーマに講演。済生会病院のHPではソーシャル・インクルージョンのページで「いのちの電話」理事長や「自殺防止センター」相談員のインタビューを行っている。http://www.saiseikai.or.jp/social-inclusion/ また、スペシャルオリンピックス日本の公式ウエブサイト でも有森裕子理事長や安藤美姫らアスリートによる座談会http://www.son.or.jp/column/interview/index.html のインタビューも担当している。日本大学藝術学部文芸学科、日本ジャーナリスト専門学校などで『スポーツ新聞の作り方』をテーマに講師も務めた。
TOCHRO GOLF  http://tochro-golf.com/
GREEN GORA http://gora.golf.rakuten.co.jp/goralife/golf/?l-id=goralife_golf