日本の女子プロが韓国の女子プロから学ぶこと

現地時間30日から「全英女子オープンゴルフ」が名門ターベリーで開催され、日本からも数多くの女子プロが参戦する。すでに3つのメジャートーナメントが終了しており、そのうち、全米女子プロゴルフ選手権は韓国のパク・インビ、そして全米女子オープンも韓国のチョン・インジが制している。

米女子ツアーの賞金ランクを見ても、韓国勢の活躍が目立つ。トップ10に一位のパク・インビを含めて4人、トップ20にいたっては9人を韓国勢が占めている。

日本勢はと言うと、トップ20は一人もいない。トップ50ですら、宮里美香(29位)と横峯さくら(49位)の二人だけ。日本の女子ツアーに目を向けても韓国勢の隆盛が目を引く。イ・ボミが賞金レースを独走しているし、すでに19戦終了した時点で韓国勢が7試合を制している。

この違いはどこから生まれてくるのだろう。私は動機付けの決定的な違いが一番の理由であると考えている。動機付けにはいくつもの分類があるが、対比される代表的なものに、「希望系動機付け」と「緊張系動機付け」がある。

日本の女子プロは希望系動機付けを好む。キーワードは、「希望」、「夢」、「憧れ」であり、単純に「夢を叶えたい」という願望に基づいた動機付け。しかし、この動機付けでは弱過ぎるのだ。言葉で「優勝したい」と言うのは美しいが、そこから切実感は伝わってこない。もっと言えば、この願望を言葉で表現するだけでは、何も前には進まない。

一方、韓国の女子プロを支えているのが緊張系動機付け。キーワードは「貪欲」、「危機感」、「飢え」である。ハングリー精神を心の中に満たして貪欲に賞金を獲りにいく。この動機付けは強力である。この動機付けがあるから、必然的に韓国の選手たちを猛練習に走らせることになる。この点において明らかに日本人選手は遅れをとっている。それはともかく、ターンベリーで貪欲なプレーに終始して優勝争いに絡む日本人選手が現れることを期待したい。

(日刊ゲンダイ 平成27年7月31日付)

ABOUTこの記事をかいた人

児玉光雄

1947年兵庫県生まれ。京都大学工学部卒業。UCLA大学院卒業。修士号取得。82年米国オリンピック委員会にて客員研究員としてバイオメカニクス、メンタルトレーニングの研究に従事。94年より井戸木プロを皮切りに、これまで30人以上にプロゴルファーのメンタカンセリングを務め、現在も数人のプロゴルファーのメンタル面のバックアップをしている。現在追手門学院大学客員教授。日本スポーツ心理学会会員、日本ゴルフ学会会員。スポーツに関する著作も多くゴルフ関連の著作を含めて150册の著書がある。年間7~10回のペースでトーナメント会場を訪れ積極的に取材活動を行っている。今後メンタルトレーニングの分野を中心に積極的にゴルフ関連の執筆を進めて行く。
主な活動・著書
『一日5分!ゴルフメンタルでもっと上手くなる』日東書院
『「一日5分でシングルになる!ゴルフメンタル』池田書店
『なぜゴルフが練習しても上手くならないのか』東邦出版
『「なぜゴルフはナイスショットが「絶対」に再現できないのか』東邦出版