頑張る姿を故郷へ 遅咲きの39歳、今井がV(熊本出身)

【熊本地震被災地復興支援大会 第36回PGCツアーオープントーナメント 東大阪ゴルフセンターチャレンジカップ】

80名の参加枠をオーバーして88名の出場となった今大会。混戦が予想されるなか、地の利を生かした今井(太平洋クラブ六甲コース)が8バーディ1ボギーの7アンダーの65をマーク。プロ4年目にして見事栄冠を勝ち取った。

pgc105熊本の実家は崩壊したが、家族は元気に暮らしている。地元は大変だがその分,集中して頑張ることができた。1日も早い復興を願っているが今も予震が続いているので、心配だと心を痛めている。

「こうして多くのゴルフ仲間から復興支援の輪が広がり、スポンサーの東大阪ゴルフセンターに感謝をしている。」(今井)

副賞の富士ホームサービスチャレンジカップは優勝者の今井がすでに推薦出場権を得ているため、69をマークした2位の伊藤慎吾(ジャパンメモリアルGC)が幸運にも出場権を得た。

今大会は4月14日の熊本を中心とした地震のため、大きな被害を被っている被災地に支援の輪を広げようとPGCツアー(代表藤本弘一)が出場選手や関係先に支援を呼びかけた。受付に設置された義援金の募金箱には多くの出場選手から寄付金が寄せられた。

東大阪ゴルフセンター(社長金城好光)ではフロントに義援金箱を設け、スタッフ一同連日来場者に支援を呼びかけている。こうした努力が来場のお客さんに共感を呼び、支援の輪は日に日に広がっている。 当センターでは本震の16日からICカードによる来場者からボール一球の義援球システムを導入している。この支援の輪は復興支援の目処が付くまで当分、続けていく模様。義援金総額513、791円は報知新聞大阪本社を通じて被災地に送られる。

PGC3

【義援金の内容】
PGCツアー(代表藤本弘一)選手一同 100,000円
(株)東大阪ゴルフセンターお客様による復興支援金 213,791円
(株)東大阪ゴルフセンター (金城好光社長) 100,000円
NPO法人大阪USクラブ(池内嘉正理事長) 100,000円

第36回PGCツアーオープントーナメント。
東大阪ゴルフセンター・チャレンジカップ・熊本地震被災地復興支援大会
(4月22日、太平洋クラブ六甲コース・兵庫=7067ヤード、パー72)
参加88人
賞金総額140万円( 優勝50万円)副賞 富士ホームサービスチャレンジカップ出場権。

ABOUTこの記事をかいた人

池内 嘉正

■1939年大阪生まれ。
■1990年 石垣島ジュニアゴルフ育成会主宰(18年間)
■1996年 22年間の会社経営を社員に継承。
■1997年 経営カウンセラー ゴルフ場・ゴルフ練習場の経営顧問等
■1998年 東大阪ジュニアゴルフ育成会主宰現在に至る
■1998年(株)東大阪ゴルフセンター顧問
■1999年還暦の離島めぐり60を60歳で日本の60島を夫婦で完島
■2000年阿山カンツリー倶楽部理事長に就任(8年間)
■2000年還暦の離島めぐり 日本の島再発見 報知新聞60回連載
■2001年 日本の島再発見 出版
■2002年 北極点の船旅を夫婦で走破 地球の島巡り70に出発
2002年8月 北極点到達
70歳で70の世界の島に夫婦で挑戦 デイリースポーツ連載
■2009年 12月16日南極点到達 地球の島巡り70島を達成
■2010年 地球の島めぐり70島出版 旅行写真作家となる
■2014年 ゴルフフォトジャーナリストとして日本のゴルフ場の撮影
■全国のゴルフ場の美しい風景を求め、撮影を続け雑誌・新聞等に掲載
■日本のゴルフ場 http://www.tetujin60.com/article.php/j-golfcourse
ゴルフ歴52年 2014年6月 右足人工股関節手術後エイジシュートにチャレンジ
2016年8月12日エイジシュート達成 術後2年と33日目 
ゴルフ場 北海道 グレート旭川カントリー倶楽部 スコア74 年齢76歳と11ヶ月