リオ熱線 未来への種

リオデジャネイロ五輪では112年ぶりにゴルフが競技種目として復活しました。4日間72ホールのストロークプレーの個人戦で行われ、日本からは男子の池田勇太、片山晋呉、女子は野村敏京、大山志保の4選手が出場しました。

五輪種目として100年以上も行われていなかったゴルフに運営サイド、選手、そして観客も手探り状態の部分があったでしょう。観客用パンフレットには、用語の説明や観戦方法などが明記され、ゴルフを知らない人への配慮がされていました。初めての観客が少なくなかったのですが、日増しに人数が増えて大会は盛り上がりました。理解が高まるにつれて競技の面白さも高まってきたようです。

私自身、全米オープン、全米プロ、マスターズなどの海外メジャー競技を取材してきて感じるのはゴルフトーナメントがスポーツ興行として成り立っている点です。海外メジャーでは、観客の半分以上は、ゴルファーではありません。彼らはスポーツイベントとしてのゴルフを観戦に来ているのです。筋書きのないドラマを観客が選手になりきりって見ています。選手が最高のパーフォーマンを演じることで応えているのです。

今年の全米プロ最終ホールでジェイソン・デーがイーグルパットを決め首位のジミー・ウォーカーに肉薄しました。それに対してジミーが第2打をギャラリーに打ち込みながらパーセーブし、メジャー初優勝を成し遂げた時、ギャラリーの1人が「素晴らしいドラマをありがとう」と呟きました。素晴らしいプレーを見た子供たちがその競技を始めるケースが少なくありません。

ゴルフが五輪競技に復活したことは、将来のゴルファーを育てる意味でも大きなインパクトがあったと思います。しかし、日本選手と世界との差も再認識されました。東京五輪に向けて、スポーツ興行としてのゴルフと、それに応えるパーフォーマンができる選手を育てる必要があります。

「週刊わいず倶楽部」大東プロのゴルフのツボ(読売新聞 平成28年9 月19日掲載)

ABOUTこの記事をかいた人

大東将啓

1958年(昭和33)6月9日生まれ
1981年 同志社大学経済学部卒業
1983年 ダラス大学院経営修士課程(MBA)卒業
(社)日本プロゴルフ協会(PGA)会員、A級インストラクター
 文部科学大臣認定ゴルフ教師
1997年 PGAコンベンションティーチング部「優秀賞」受賞
1999年 PGA 研究発表 「最優秀賞」受賞
2000年 高知工科大学起業家コース博士後期過程入学
2001年 PGAコミュニケーションプログラム「優秀賞」受賞
2003年 高知工科大学起業家コース博士後期過程終了
主な活動・著書
日本ゴルフ界初の博士プロ。
デビット・レッドベター、ジョー・ティールをはじめ、通訳、翻訳、
インタビュー等を通じて100人を超える海外のティーチングプロと親交を持つ。 主な著書
「ザ・ゴルフボール」ごま書房
「驚異の新ハンマー打法」ごま書房
「ゴルフが上手くなる考え方」週刊パーゴルフ
「目からうろこが落ちまっせ」ゴルフ&ゴルフ
「一人でやれるコンペ必勝法」スポーツニッポン
「ナチュラルゴルフスイング」週刊パーゴルフ
「45分でゴルフがうまくなる!」PHP研究所
「Tee あんどTea」読売新聞のゴルフコラム
東香里ゴルフセンタ― 所属