児島宏 「児島宏」の記事

早大第一文学部卒。昭和33年デイリースポーツ社入社。プロ野球では長嶋、王らの巨人V9時代を担当。ゴルフではマスターズ、全米全英オープンなど国内外のトーナメントを数多く取材。デイリースポーツ東京本社運動部長などを経て、現在日本ゴ ルフジャーナリスト協会員。東京運動記者クラブ会友。

アマに負けたら″坊主〝だった!マイナーに生きてきた時松隆光に光輝くトキがくるか!?

異色づくめの″源蔵〝が、またまたアマチュアとの優勝争いで棚ボタのツアー3勝目を挙げました。本名は地元福岡のお寺でつけてもらった強そうな「源蔵」なのに、登録名は時松隆光(りゅうこう)。 プロ7年目の24歳。賞金額がややマイ…

初Vにも泣かなかったニュー・ヒロイン。こつ然とベールを脱いだ5年目・永峰咲希(さき)の″強さ”

難コース川奈を制した22歳、女子ツアーにまた気鋭の永峰咲希(さき)がツアー初勝利です!首位に3打差5位から出た永峰は、5アンダー66で大混戦を抜け出し、通算10アンダーで並んだ菊地絵理香(29)とのプレーオフ決戦。2ホー…

米ツアー3試合の出場権がもらえる新規大会「アジア・パシフィック女子アマ選手権」誕生! 来年はザ・ロイヤルGC(茨城)で日本開催の注目度!

3月1日に開幕する国内女子ゴルフツアーに先立ち、アジア太平洋ゴルフ連盟とR&Aにより今年から登場した嬉しい新規大会があります。 「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」がそれです。シンガポールのセントーサGCで…

今年もエントリー開始「全日本アマチュアゴルファーズ選手権」。さあ、挑戦してみよう、競技ゴルフ!!

今季の開幕第2戦、レオパレス21ミャンマーOPでも8位に入った川村昌弘。パブリック時代も強く、10年の「全日本男子」の優勝者だ。

アマチュアゴルファーの祭典「全日本アマチュアゴルファーズ選手権」の日程と開催要項が、主催の(公社)日本パブリックゴルフ協会から発表されました。 今年、52回目を迎える老舗イベントの「全日本」(男子)は、6月13日(水)、…

チャレンジツアー(男子下部ツアー)が変わる!総合スポンサーを得て「AbemaTVツアー」に。全12試合ネットTV放映。世界ランク対象にも・・

がっちり握手するJGTO青木功会長(左)とAbemaTV藤田晋社長(右)=18・1・30東京・ANAインターコンチネンタルホテル東京

国内男子ツアーに明るいニュースが飛び込んできました。日本ゴルフツアー機構(JGTO)は、今季からインターネットテレビ局「Abema TV」と特別スポンサー契約を結び、下部ツアー、チャレンジツアーの名称を「AbemaTVツ…

新選手会長・石川遼(26)6季ぶりの日本ツアー開幕戦で早くも〝息切れ″。小平智(28)はマスターズの灯り見えた!

2位に5打差をつけて優勝、マスターズ覇者の貫禄をみせたセルヒオ・ガルシア(スペイン)=シンガポール・セントーサGC(提供:JGTO)

アジアツアーと共催の日本ツアー開幕戦「SMBCシンガポール・オープン」が、気温30度を超える酷暑のシンガポールで行われました。昨年のマスターズ覇者・セルヒオ・ガルシア(38=スペイン)を迎えて世界基準のセントーサGC(パ…

最年少選手会長に就任した26歳石川遼。秘かに狙う?前任・宮里優作の「会長で賞金王 」!!

26歳の石川遼が日本ゴルフツアーの最年少選手会長に選任されました。2年間会長職を務めた前任の宮里優作(37)は、昨季会長として初の賞金王となり話題を集めました。優作の続投も考えられましたが、今季は「海外の試合にも数出たい…

「いまの世の中甘くない」ー来季日程また1試合減に青木功会長嘆き節。女子ツアー人気に押されっ放しの男子ツアーだが・・!

男子プロゴルフの2018年度ツアー日程が発表されました。試合数はホンマ・ツアーワールドカップが開催中止となって今年より1試合減の25試合。 賞金総額は8700万円減の35億775万円。女子ツアーが来季も38試合、6年連続…

「現実は通用しなかったということ」―失意の石川遼、ついに米国撤退を決意!6年ぶりの国内ツアーへ

米ツアーに5年間参戦した石川遼(26)が、ついに来季から日本ツアーへの復帰を決意したようです。米国5年間では2位が2回あるのはせめてもの実績ですが、悲願の米ツアーでの優勝は手がとどかないまま。今季は年間ポイントランク17…

2000万本を売りまくった″お化けクラブ”!「XXIO X」(ゼクシオ テン)、 ついに10代目が新登場!

ダンロップスポーツの超人気ブランドクラブ、ゼクシオの10代目となる「XXIO x」(ゼクシオ テン)が新登場です。 2000年にデビューしたゼクシオは、当初から爆発的な人気を集め、2年毎の″モデルチェンジ〝で進化を続けて…

勝ちは勝ち!36ホール競技に短縮された BSオープンを制した時松隆光の″幸運児”ぶり!

超大型台風21号の接近で最終日を戦わずしてツアー2勝目を手中に入れた男がいます。プロ6年目の時松隆光(24)。ブリヂストン・オープン(千葉・袖ヶ浦CC)は初日、最終日と2日間が悪天候で競技中止となり、2日目にベストスコア…

ゴルフ界を揺るがす畑岡奈紗(18)のぶれないゴルフ!通算20アンダーで申ジエもチョン・インジ(韓)もチェ・ヘジン(韓)も・・・

18歳の畑岡奈紗が、どえらい快記録を打ち立てゴルフ界は騒然としています。アマチュアで史上初めて日本女子オープンを制した昨年に続き、プロに転向した今年、今度は日本女子オープン史上最少スコアの通算20アンダーで大会2年連続制…

魅せたジョン・デーリー(米)と婚約者のド派手ファッション! 日本で初開催の米シニアツアーの″日米格差”

米シニアゴルフのチャンピオンズツアーが日本で初開催したJAL選手権が、8日から3日間、千葉・成田GCで行われました。トム・ワトソン(68、米)はじめ、コリン・モンゴメリー(54、英)ジョン・デーリー(51、米)、ラリー・…

飛ばなくても、数多くの引き出しを持つ男。 味わい深い片岡大育(ダイスケ=28)のゴルフ。夢見る欧州ツアーへ広がるか?!

苦労人・片岡大育(ダイスケ=28)難コースのカレドニアンGC(千葉)を粘りのゴルフで制す!逆転でつかんだ3季連続通算3勝目の勝利は、ダイスケを一段高いレベルのゴルファーへ進化させそうな予感です。 アジアツアーとジャパンツ…

珍しい5人POで魅せたシニアの「技」! 8年連続観衆2万人超「ファンケルクラシック」でのドラマ!

日本シニアツアー史上最多の5人によるプレーオフを3ホ―ル目に制した米山剛(52)が、カッコいいシニア初優勝を果たしました。「ファンケルクラシック」(静岡・裾野CC)。抜きつ抜かれつの大混戦の末は、通算7アンダーで米山のほ…

両親は中国人。日本生まれ、日本育ちの実力派・森田遥(21)が遂にカラを破った!

日本ツアー本格参戦2年目の森田遥(21)がやっと勝ちました。高校時代からその実力は折り紙つき。高卒後はプロ宣言するといきなり米下部ツアーを体験して1勝。 帰国した16年は最終予選会4位の資格で日本ツアーに参戦。1年目から…