霞ヶ関CC理事長と一問一答

2020東京五輪のゴルフ競技会場問題で注目を集める
霞ヶ関CC(埼玉県川越市)の理事会が2月7日、都内で開かれた。
終了後、 同CCの木村希一理事長が集まった報道陣の質問に答えた。
以下は一問一答。

ー理事会は行われたのか。
木村 はい、行われましたけども…。昨年度の事業報告と、決算の承認審議のテーマで集まっただけで、皆様が関心のある(女性)会員問題の話がメインではございませんでした。

ーでも(会員問題の)話は出た。
木村 ええ、一応会員の皆さんにね、これから、いろいろ意見をお聞きした上で、どういう風にしようかと…。先週改めて正式な文書をいただきましたので、それにこれからどう対応しようかということを話し合いました。それだけです。

ーいつごろまでに決めようかとか、そういうことは?
木村 それは、今はコメントを差し控えさせていただきます。

ー今後どういう風に協議していくのか。
木村 それも含めて、これから取り組んでいきますが、
今ここでは、特にコメントすることは、ありません。

ー今日理事からは、オリンピックに関する「問い」はあったのか?
木村 ありましたけども、その内容については、今ここではご説明できません。
ー (女性会員が正会員になれるように規約を改正することについての)
反対意見が多かったのか、賛成意見が多かったのか?
木村 そんなことを(苦笑)今ここで、皆さん方にお話しする状況ではありませんし。

―(出席した理事の)皆さんの意見は聞いたわけですか?
木村 はい。一応は聞きました。

ー現状の採決とかは採られたんですか?
木村 イヤ、そんなことは全然話しません。
今は会員の皆さんから意見を出していただいて、、これから会員の皆さんご意見をどういう風に聞いて行こうかと、話し合っただけでございますので、それ以上は、差し控えさせていただきます。

ー賛成意見も反対意見も両方あったということですか?
木村 それも合わせて、機会が来ましたら、お話しするつもりでおりますので、それまでは静かに…。

ー今日は皆さんの意見を聞いたと。結論は次の理事会で、という感じなんですか?
木村 イヤ、それは、まだ決めたわけじゃありませんし。それも含めてこれから考えていきます。それまで、ちょっとお待ちいただくように、お願いしたい。

ー今月行われる総会で、結論が出るということはないということですか?
木村 それも含めて、今は何とも、申し上げられません。もうこれで…。

ー会場をお貸しになる立場としては、どういうお気持ちですか?
木村 我々は、頼まれて受けただけでね、こっちが「いらっしゃい」
と言ったわけでもないんで、そういう意味でいまさらこういう話になってね、どうも、語弊があっちゃいけませんけど、政局がらみでね、急にこんな事態になっちゃったのは、我々としてはね、迷惑ですし、困惑している、
というのが、今の状況でございます。

ー今後、組織委員会やJGAから、説明を再度求めることは、あるんですか?
木村 これからまた、いろいろと、協議をしてまいります。

当初は淡々と理事会について語っていたが、インタビュー終了間際の
「会場をお貸している立場」に関する質問だけには、
抑えていた怒りを隠しきれない様子だった。

(小川 朗・The Tokyo Chronicleより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小川朗

1960年山梨県甲府市生まれ。甲府一高-日大藝術学部卒。82年東京スポーツ入社。
岡本綾子や青木功が全盛の海外ゴルフツアーを特派員として7年半、300試合以上取材。1983年の全英オープンを皮切りに男女メジャー競技の取材もその1割強に上る。
「岡本綾子ゴルフのすべて」など多くの連載を取材・執筆。
運動部長、文化部長、法務広報室専門委員、広告局長、同顧問を歴任後2015年9月に退社。現在はフリージャーナリストとしてニュースサイト「東京クロニクル」を中心として精力的に執筆活動を行っている。
調査報道物を最も得意とし「日刊ゲンダイ」火曜日掲載の「今ゴルフ場で何が起こっているのか」、「月刊ゴルフ用品界」で「小川朗の提言ルポルタージュ・ゴルフ界の現場を照らす」を連載中。
週刊パーゴルフでも2014年12月22日発売号より、「これが東スポだ! ゴルフスクープの作り方」を半年間、21回に渡り連載した。
同誌ではゴルフ場利用税やJGTOの裁判などを署名入りでレポートしている。ノンフィクション、インタビューものにも定評があり、同誌の「ゴルフノチカラ」「昭和の履歴書」などにも頻繁に執筆している。
季刊誌「富士の国」での三浦友和へのインタビューは山梨県出身者を中心に大好評を博した。
単行本・新書版の分野でも精力的に活動。「岡本綾子のすぐにチェックしたい!ゴルフの急所」(日本経済新聞出版社)は紙面で1年にわたり連載したものに加筆・再編集したもの。新書版ながら9刷のスマッシュヒットとなっている。
取材・構成を担当した『ゴルフは「自律神経力」で確実に10打縮まる!』(小林弘幸・横田真一)がゴマブックスより好評発売中。
ゴルフムック「ゴルフ用品大全」(マガジンボックス)にも編集協力した。
「スポーツ新聞の作り方」「自殺報道の実態と課題」「アスリートのパフォーマンス向上は腸内環境から」などのテーマで講演活動も精力的に行っている。
日本ゴルフジャーナリスト協会では今年からウエブページ編集長も務めており、会員・一般向けの「書き方勉強会」もスタートしている。
法務担当専門委員時代の経験を生かし、終活カウンセラー協会の初級講座では上級インストラクターとして各地で開催中の初級検定で「年金」「介護」「相続」「保険」「お葬式・供養」というすべての科目でポイント解説の講師も務めている。
現㈱清流舎代表取締役COO。
東京スポーツ格技財団評議員。
会員数3万5千人の山梨県人会連合会 広報・組織委員。
首都圏甲府会前事務局長。
やまなし大使。
一般社団法人 終活カウンセラー協会 上級インストラクターの資格も持つ。
主な活動
「ゴルフまるごと生情報」の海外リポート、米LPGA「ファーモア・インベラリーC」(ともにテレビ東京)の解説も務めた。インターネットDAZNのゴルフ中継やラジオのコメンテーターも務めている。
法務広報室専門委員時代に日本自殺予防学会に入会、総会で「自殺とメディア」をテーマに講演。済生会病院のHPではソーシャル・インクルージョンのページで「いのちの電話」理事長や「自殺防止センター」相談員のインタビューを行っている。http://www.saiseikai.or.jp/social-inclusion/ また、スペシャルオリンピックス日本の公式ウエブサイト でも有森裕子理事長や安藤美姫らアスリートによる座談会http://www.son.or.jp/column/interview/index.html のインタビューも担当している。日本大学藝術学部文芸学科、日本ジャーナリスト専門学校などで『スポーツ新聞の作り方』をテーマに講師も務めた。
TOCHRO GOLF  http://tochro-golf.com/
GREEN GORA http://gora.golf.rakuten.co.jp/goralife/golf/?l-id=goralife_golf