2019年ゴルフ・ウィーク開催 北海道 フォレスト旭川カントリークラブ

ゴルフ関連団体で構成する「日本ゴルフサミット会議」は、より多くの方にゴルフを親しんでもらう機会創出を目的として毎年8月1日からの7日間を「ゴルフ・ウィーク」と定めている。

「はじめよう!続けよう!もっとゴルフを!」をテーマに掲げ開催。

フォレスト旭川CCでは境支配人を筆頭に全社員でこのイベントに取り組んでいる。

ゴルフ・ウィークを始めた当初は2〜3人しか参加しない寂しいものだったが、年々増加をして6年目の今年は26名が参加。

8月4日の日曜日は「子供たち集まれ」をテーマに会員ビジターを問わず子供達に練習場を開放、屋台を設置し、焼きそば・お好み焼き・フランクフルト・かき氷など、汗をかきながら社員が無料サービスで提供した。

会場には簡易式プールも設置、今年の真夏の旭川の日中は30度を超える猛暑。子供達は元気に水遊びに興じた。

初めてゴルフ場に来たという中一の男の子はスナックゴルフに興味を持ち、汗をかきながら1時間も練習。

地元に住むPGAの斎藤秀和プロ(65)の熱心な指導のもと、みるみる腕を上げた。

日本ゴルフサミット会議からは掛け声をかけるだけで、その内容を把握しているのかは疑問。

経費と時間と人を掛けてもその効果は微々たるものだ。それでも前向きなゴルフ場は、毎年恒例の行事として続けているのには頭がさがる。

期間中の来場者にはフロントにてお楽しみゲームを開催などで来場者を喜ばせている。その他に2バック割増料金が無料、レストランではゴルフ・ウィーク期間限定メニューのうな重やスープカレーを販売して好評だった。

一年の内半年しか営業が出来ない極寒の道北の地のゴルフ場では夏場こそ、お互いに切磋琢磨の知恵比べで顧客獲得に知恵を絞っている。

10月の末には雪が舞い大雪山が白い帽子を被る頃、ゴルフ場は静かに雪の下で眠りにつく。来春の雪解けまで・・・。

ここにまた一人のゴルフファンが出来たことを喜び、ゴルフ人口の増加に期待かけている。                     2019/8/4  池内嘉正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

池内 嘉正

■1939年大阪生まれ。
■1990年 石垣島ジュニアゴルフ育成会主宰(18年間)
■1996年 22年間の会社経営を社員に継承。
■1997年 経営カウンセラー ゴルフ場・ゴルフ練習場の経営顧問等
■1998年 東大阪ジュニアゴルフ育成会主宰現在に至る
■1998年(株)東大阪ゴルフセンター顧問
■1999年還暦の離島めぐり60を60歳で日本の60島を夫婦で完島
■2000年阿山カンツリー倶楽部理事長に就任(8年間)
■2000年還暦の離島めぐり 日本の島再発見 報知新聞60回連載
■2001年 日本の島再発見 出版
■2002年 北極点の船旅を夫婦で走破 地球の島巡り70に出発
2002年8月 北極点到達
70歳で70の世界の島に夫婦で挑戦 デイリースポーツ連載
■2009年 12月16日南極点到達 地球の島巡り70島を達成
■2010年 地球の島めぐり70島出版 旅行写真作家となる
■2014年 ゴルフフォトジャーナリストとして日本のゴルフ場の撮影
■全国のゴルフ場の美しい風景を求め、撮影を続け雑誌・新聞等に掲載
■日本のゴルフ場 http://www.tetujin60.com/article.php/j-golfcourse
ゴルフ歴52年 2014年6月 右足人工股関節手術後エイジシュートにチャレンジ
2016年8月12日エイジシュート達成 術後2年と33日目 
ゴルフ場 北海道 グレート旭川カントリー倶楽部 スコア74 年齢76歳と11ヶ月