何故、男子プロゴルフは低迷しているのか?

男子ツアー競技は国内で25しかありません。
1990年には44競技が開催されていましたから、半減していることになります。

女子ツアーのシード選手の中には25才以下の日本選手が13名(25%)もいますが、
男子はシード選手の内、6名(7%)しかいません。
女子と比べて、男子の若返りが遅れていることは明白です。
男子には女子以上に有望なジュニアが多くいるのに、何故でしょう?
実際「何故、男子プロがこんなに低迷しているか?」を質問する人も多くなっています。

男子の一つの問題点を指摘します。

1990年バブルの頃には44競技賞金総額33億円のツアーでした。
1競技の賞金総額は平均で7477万円でした。
ゴルフ界は長いデフレ経済の中で
プレーフィーやゴルフ場などの売り上げ等全てが半減しています。
例えば、プレーフィーは平均価格で¥18,000.から¥10,000.まで下がっています。
会員権相場に至っては当時の5%以下です。

その中でプロ賞金だけが総額1億2880万円と平均で当時の73%も高くなっています。
果たして男子プロにそれだけの関心度が上がったのでしょうか?
私には、そうは思えません。
TV視聴率も低迷し、観客も増加していない中、
賞金だけが跳ね上がることに違和感を感じています。

タイトルスポンサーは賞金総額が上がれば、
開催費用は高くなり、投資金額が大きくなります。
つまり、コストパフォーマンスが悪く、割高な宣伝媒体ということになります。
そのために企業スポンサーが減少し、競技数が半減しています。

コストだけの問題ではありませんが、減少したスポンサーの中には
男子ツアーを盛り上げてくれたサントリー、
ビッグブランドのトヨタ、キャノン、パナソニックなど
ゴルフ界に不可欠な企業もあります。

その結果、競技数が減少したことで若い選手の参加機会が減少しました。
有望な若い男子選手が育つためには競技経験が不可欠です。
米国では22才のスピースがマスターズ、全米オープンに連覇して、
タイガーの後継者かと期待されています。

変化の早い現在は新しい時代の若いヒーローを常に求めています。
その期待に男子ゴルフが応えるためにはツアーの目標を再考しなければと感じています。

ABOUTこの記事をかいた人

大西久光

1937年2月10日、兵庫県西宮市生まれ
1995年 関西学院大学商学部に入学。大学時代ゴルフ部キャプテンとして関西リーグ戦に優勝。
1959年 関西学院大学を卒業し㈱日本ダンロップ(現:住友ゴム工業㈱)に入社。
ゴルフボールの販売推進を第一歩に、ゴルフ用品の商品開発に従事するなど、ゴルフビジネス一途に専従する。
1973年 ㈱ダンロップスポーツエンタープライズの創設と同時にゼネラルマネージャーとして出向。
1975年 同社取締役就任、1982年 同社常務取締役就任。
1986年 住友ゴム工業㈱及び㈱日本ダンロップに帰属し、スポーツ用品副事業部長。1988年 取締役
スポーツ事業部長。1991年住友ゴム工業㈱常務取締役に就任。
1994年 ㈱ダンロップ スポーツ エンタープライズ代表取締役副社長。
1998年 同社代表取締役社長に就任。
住友ゴム工業およびダンロップスポーツエンタープライズ在籍中、トーナメントディレクターとして約300のプロゴルフトーナメント、テレビマッチやゴルフレッスン番組など約600本を企画運営する。1973年よりテレビ解説を始め、約350本のTVマッチ及びダンロップ
フェニックストーナメントなど約150本以上のトーナメント解説を行う。
ゴルフトーナメント、ゴルフイベントのプロデュースを行う事で、ゴルフコース設計の重要性を認識し、ゴルフ場設計にも関わる。
1999年 住友ゴム工業㈱および㈱ダンロップスポーツエンタープライズを退職退任
㈱ターゲットパートナーを設立し、代表取締役に就任、現在に至る。
現在の主な役職
公益社団法人 ゴルフ緑化促進会 理事長(2007年 就任)
日本ゴルフ関連団体協議会 常任理事(2007年 就任)
NPO法人 日本芝草研究開発機構 副理事長(2008年 就任)
㈱サイプレスクラブ 代表取締役社長(2003年 就任)
南部富士㈱ 取締役(2002年 就任)
ゴールドウイン開発㈱ 顧問(2006年 就任)
ゴールデンバレーゴルフ倶楽部 評議員、理事、キャプテン(2008年 就任)
千刈カンツリー倶楽部 アドバイザー(2014年 就任)
サンコー72カントリークラブ 顧問 (2014年 就任)
魚津国際カントリークラブ 顧問 (2015年 就任)
メモリアルトーナメント・キャプテンズクラブ(USA) メンバー(1985年 就任)
主な著書
Golf World & Nippon(2009年5月)
温故知新(2006年6月)
ゴルフ雑記帖(2000年10月)
青木功の諦めないで自分を変えろ(1998年3月)
ゴルフボール-その飛びの秘密(1986年12月)