菅野徳雄 「菅野徳雄」の記事

1938年生まれ。岩手県陸前高田市出身。立教大卒。元日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)。分かりやすいゴルフ技術論と辛口のゴルフ評論で知られる。「日本のゴルフを斬る」「シンプル思考で上手くなる」(共に日刊ゲンダイ)「菅野徳雄の言いたい放題」(月刊ゴルフマネージメント)を連載中。「トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「頭のいい男はゴルフが上手い」「即習ゴルフ上達塾」「誰も教えなかったゴルフ独習術」などの著書がある。

低い球で飛ばす技術がなければ世界で通用しない

菅野徳雄の「日本のゴルフを斬る」 (日刊ゲンダイ 平成28年6 月9日)低い球で飛ばす技術がなければ世界で通用しない 「今年の宍戸を制したものは、どこに行っても通用する。そういうセッティングに私はしたつもりだ」 今年の日…

勝つことより稼ぐことを考えているのか

菅野徳雄の「日本のゴルフを斬る」 (日刊ゲンダイ 平成28年5月26日) 勝つことより稼ぐことを考えているのか 今季、日本の男子ツアーは東南アジアで開催された共催2試合を入れてもわずかに26試合しかない。うち6試合が終っ…

体が大きい選手でないと世界に通用しない時代

菅野徳雄の「日本のゴルフを斬る」 (日刊ゲンダイ 平成28年2月24日) 体が大きい選手でないと世界に通用しない時代 リオ五輪で日本のゴルフは男女共に金メダルの可能性が出てきた。今季、男子は松山秀樹がフェニックスオープン…

日本人プロが学ぶべき スピースの左ひじの使い方

菅野徳雄の「日本のゴルフを斬る」 (日刊ゲンダイ 平成28年2月3日掲載) 日本人プロが学ぶべき スピースの左ひじの使い方 アジアンツアーとの共催で行われた日本男子ツアーの開幕戦・SMBCシンガポールオープンでトップ10…