「僕より飛ぶ」杉原も感嘆した“飛ばし屋” プロゴルファー今昔物語〜岡本綾子編【1】

「めっちゃ、飛ばす女子プロがいる」という噂を聞きつけて、兵庫県西部の赤穂国際CCを訪れたのは1974年のことだった。

岡本綾子と初めて会った。岡本はもともとソフトボールのピッチャーで愛媛の今治明徳高、大和紡福井で活躍。国体優勝の経験者でもある。引退後に始めたゴルフが第二の人生となり、大阪・池田CCで1年間、修行。2回目のテストで合格してプロ入りした。

初めてゴルフ記者に取材を受けたため、最初は戸惑っていた感じだったが、一緒にラウンドしたが、うわさ通り、すごい飛距離だった。ドライバーは男子プロ並みに飛ばし、ショートゲームも、新人とは思えないクラブさばきを見せた。

赤穂国際CCは大和紡系のゴルフ場で、岡本は当時の大和紡績・瀬戸直一会長の期待を一身に集めていた。

プロツアー参戦1年目の75年、早くも美津濃トーナメントで、プロ初優勝を飾った。当時は、男子の大会も並行して同じコースで開催されており、岡本のドライバーショットを見た杉原輝雄が「僕より30ヤード飛ばしよる」と感嘆したという。

当時の女子プロの一般的な飛距離はドライバーで200ヤード強。パーシモンヘッドに、糸巻きボールだったので、今のような飛距離は到底無理だった。しかし、岡本は250ヤードくらい飛ばした。そして第2打はショートアイアンで楽々とグリーンをとらえた。次々と好成績を残し、女子プロ界を席巻した。

女子プロの人気が上がり、樋口久子らも岡本を高く評価し始めた。岡本の夢は世界のトーナメントに出場することだった。米国の女子ツアーにでるためにはテストを受けなければならない。プロ7年目の1981年に米国に渡って受験。合格を果たすと、翌年からツアーに本格参戦した。(つづく)

 

WHO‘S WHO
岡本綾子(おかもと・あやこ)1951年4月2日、広島県安芸津町(現東広島市)出身。学生時代はソフトボールの選手。愛媛・今治明徳高を経て大和紡績福井で活躍。73年に池田CCの研修生となってゴルフを本格的に始め、74年にプロテスト合格。日本ツアーでも通算17勝を挙げ、87年には賞金女王に輝いた。05年に世界ゴルフ殿堂入り。

【2015年8月26日にデイリースポーツに掲載された記事を引用】

ABOUTこの記事をかいた人

甲斐誠三

早稲田大学卒、1967年~98年の間デイリースポーツ大阪本社でゴルフツアーを担当。引退後、関西中心にフリーライターといてゴルフ取材を続ける。
主な活動・著書
関西を中心にゴルフ取材のほか、近代ゴルフ史、ツアー史の研究に当たっている。関西運動記者クラブ、同ゴルフ分科会会友。