昭和天皇はゴルフがお好きだった!

「昭和の日」は昭和天皇の誕生日、崩御されて以降は「みどりの日」となり、「昭和の日」へと変わった。昭和の時代を懐かしく思う方々には記念日としてふさわしい日かもしれない。その昭和天皇が大変ゴルフ好きだったことは、今の若い方に知られていないような気がする。

昭和天皇は大正時代から戦前までゴルフをこよなく愛したことは有名な話で、ゴルフファンにとってはうれしいエピソードがたくさん残っている。その天皇がなぜ“ゴルフ”に魅了されたかを知ることも、またゴルフファンの楽しみの1つではないか。

昭和天皇が“ゴルフ”と巡り合ったのは早くも16歳ごろだったらしい。クラブを握り、コースでプレーしたという記録があり、後にご成婚されてからは良子妃に手ほどきされた。新婚旅行にはクラブを持参するほどの肩の入れようで、二人が主宰する宮中ゴルフ会を度々開いていたというから、並み並みならぬ執着がうかがえる。

また昭和天皇はゴルフを宮廷外交に取り入れた。日本ゴルフ史に残る大きな足跡となっている。特質すべき出来事である。1922年日英同盟存続か否かの重要な時期に、東京は駒沢の東京ゴルフ倶楽部で、日英両皇太子による世紀のマッチプレーが繰り広げられた。

それは1922年4月19日、来日中の英国エドワード殿下(プリンス・オブ・ウエールズ)とハルゼー侍従に対し、裕仁殿下と大谷光明(日本ゴルフの父)の組み合わせ、結果は1点差でエドワード組の勝利と記録にある(「日本のゴルフ100年」久保田誠一著)。1点差で相手に花を持たせるあたり外交の心得にも感心する。

この皇室外交についてウィンザー公(来日当時はドワード殿下)の回顧録にはこう記されているという。「私の日本訪問は、プリンス・ヒロヒトとのゴルフのために一層深いものになった。これはマルコ・ポーロ以来の最も注目すべき東洋と西洋との出会いの1つであったことは間違いない。ヒロヒトからのゴルフの誘いに私も喜んで応じた」と。両国の皇室外交として、国家を背負った外交だったことをゴルフファンは記憶しておきたい。

現在の皇室で、昭和天皇のようなゴルフを愛し、外交にまで結びつける様子は伺えないが、我々ゴルフを愛するものにとって、ゴルフの高潔にして哲学性の深いスポーツを、皇室に広まってもらうことを期待したいものである。

昭和天皇はゴルフに対して次のような言葉を残している。「ゴルフは運動として最も適切なものである。それには心を鎮め、精神を纏める効果があり、禅に虚無という言葉あり、その意味に近きものではないかと考える。」天皇がゴルフに親しみ、愛し続けたからこそ、ゴルフに込められた深みを、身に付けられたのであろう。〔記:紺野 望〕

2 件のコメント

  • 私も長年ゴルフに親しんでおりますが、裕仁天皇がこんなにゴルフを愛され
    また英国との皇室外交にマッチプレーが行われ、両国に外交にとって歴史的な友好関係が築かれた架け橋にゴルフが役立ったとのお話、はじめて知りました。と同時にゴルフをこよなく愛する一人としてとても感動しました。そして「ゴルフは運動として最も適切なものである。それには心を鎮め、精神を纏める効果があり、禅に虚無という言葉あり、その意味に近きものではないかと考える。」…のお言葉は心に染みました。これからの私のゴルフ道に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    紺野望

    ■1941年東京生まれ。東海大学文学部広報メディア学科卒。
    ■1965年 FM東海(FM東京の前身)に入局。
    ■1970年FM東京開局と同時に入社。放送営業、番組制作、イベント事業、経営企画室など各部署を経験する。
    ■1991年FM東京の衛星波、株式会社ミュージックバード放送開始と同時に移籍、受信機開発、番組編成、契約営業の各部署を担当、取締役営業部長としてコミュニティFM放送再送信事業部を設立し、新たな事業展開に携わる。
    ■2001年株式会社FMサウンズ(ラジオ番組制作会社=FM東京関連会社)の社長に就任、「TFMパーソナリティカレッジ」など開設。
    ■2005年ミュージックバード顧問、FM戸塚の顧問として後進の指導に当たる。コーディネーターとして関わったコミュニティFM放送局は50局以上。
    ■2010年「コミュニティFM進化論」を出版、話題となる。現在、ミュージックバードの顧問、FM戸塚の顧問はじめ、放送ライターとして、ラジオの現状を様々な形で発表している。放送界の賞:ギャラクシー賞のラジオ部門選考委員。ゴルフ活動TFM勤務時代、生ワイド番組でゴルフ情報コーナーを企画し、FM放送に新風を送り込む。FM戸塚をキィー局として近隣7FM局とネットワークを組み、番組「松井幸二のゴルフパラダイス」を3年間放送。ゲストにゴルフ業界人百数十人をゲストに招き、ゴルフの楽しさ、ゴルフマナーの普及などをテーマとして取り上げる。ゴルフ歴40年。浜野ゴルフ倶楽部会員。